メディア
ニュース
» 2022年03月03日 10時30分 公開

ルネサスの汎用MPU、64ビットRISC-V コアを搭載Andes製AX45MPコアを初めて採用

ルネサス エレクトロニクスは、64ビットRISC-V CPUコアを搭載した汎用MPU「RZ/Five」のサンプル出荷を始めた。IoTエッジデバイスに向けて性能や機能を最適化している。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

IoTエッジデバイス向けに、性能や機能を最適化

 ルネサス エレクトロニクスは2022年3月、64ビットRISC-V CPUコアを搭載した汎用MPU「RZ/Five」のサンプル出荷を始めると発表した。IoTエッジデバイスに向けて性能や機能を最適化した。2022年7月から量産を開始する。

RZ/Fiveの外観 出所:ルネサス

 RZ/Fiveは、汎用MPUとしてRISC-V CPU命令セットアーキテクチャに準拠したAndes Technology製の64ビットRISC-V CPUコア「AX45MP」を搭載した初めての製品だという。最大動作周波数は1GHzである。16ビットDDR4/DDR3Lの外部インタフェースやメモリの誤り検出・訂正(ECC)機能および、セキュリティ機能などを内蔵した。

 ギガビットイーサネットやUSB2.0、CAN-FDといったインタフェースは、それぞれ2チャネル分を備えている。A-Dコンバーターも2チャネル分を搭載した。パッケージは外形寸法が13×13mmあるいは11×11mmのBGAで提供する。特に、13mm角のBGAは、現行のRZ/G2UL(Type1)とピン互換で、容易に差し替えることができる。

64ビット汎用MPUの製品比較 出所:ルネサス

 RZ/Five用OSとしては、産業グレードのCivil Infrastructure Platform(CIP) Linuxをベースとした、動作検証済みのVerified Linux Package(VLP)を提供する予定。評価環境としては、従来のRZ/Gシリーズ用に提供しているSMARC 2.1準拠モジュールRZ SMARC Evaluation Board Kitを、RZ/Five用にも提供することになっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.