メディア
ニュース
» 2022年04月27日 11時30分 公開

Total Solutions for IoTのポートフォリオを拡大Cortex-M85プロセッサの提供開始

Armは、IoT(モノのインターネット)関連製品の開発を短縮できるソリューション「Total Solutions for IoT」のポートフォリオを拡大すると発表した。新たに追加したのは、2種類のIPサブシステムや仮想デバイス、Cortex-M85プロセッサなどである。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

仮想モデル、Cortex-Mに加えサードパーティー製ハードウェアにも対応

 Armは2022年4月26日、IoT(モノのインターネット)関連製品の開発を短縮できるソリューション「Total Solutions for IoT」のポートフォリオを拡大すると発表した。新たに追加したのは、2種類のIPサブシステム「Corstone」と、これらを採用したソリューション、全てのCortex-Mプロセッサに対応する仮想デバイス「Virtual Hardware」などである。また、「Cortex-M85」プロセッサも発表した。

 Armは2021年10月に「Total Solutions for IoT」を発表し提供を開始した。ハードウェアIPやプラットフォームソフトウェア、機械学習(ML)モデル、各種ツールをまとめて提供することにより開発者を支援する。これを活用することで、IoT/組み込み機器の開発を簡素化し、製品の設計から市場投入までのサイクルを最長で2年間も短縮できるという。

 Total Solutions for IoTは、事前に統合し検証まで済ませた統合型サブシステム「Corstone」、クラウドベースの新たな開発手法を可能にする仮想モデル「Virtual Hardware」、市場で流通する開発済みのソフトウェアやサービスを活用するための「Project Centauri」などで構成される。

Total Solutions for IoTを構成する3つの機能(星印が新たに追加した製品/ソリューション) 出所:Arm

 今回は、さまざまなパートナーからの要求などを反映し、新たに2つのソリューションなどを追加した。1つは「Total Solution for Cloud Native Edge Devices」である。「Cortex-A32コア」と「Cortex-Mコア」を搭載したヘテロジニアス構造の「Corstone-1000」を採用した。「Cortex-A53コア」とCortex-Mコアを組み合わせた製品も用意していく計画。また、「SystemReady-IR」に準拠しており、「PSA Certified」に対応したハードウェアセキュアエンクレーブを採用することで、より高水準のセキュリティを実現できるという。

 もう1つは、「Total Solution for Voice Recognition」である。これに搭載する「Corstone-310」サブシステムには、新開発のCortex-M85コアとAIオフロードエンジン「Ethos-U55コア」、ペリフェラルなどを集積している。

 Cortex-M85コアは、Cortex-M7コアに比べスカラ性能が30%向上し、Helium SIMDエンジンによりML性能はCortex-M55に比べ20%向上するなど、Cortex-Mコアとして最高性能を実現した。セキュリティも強化している。TrustZone技術に加え、ポインタ認証および分岐ターゲット識別(PACBTI)を採用したことで、セキュリティ基準「PSA Certified Level 2」への対応も容易となった。

Total Solutions for IoTのロードマップ(クリックで拡大) 出所:Arm
Cortex-M85コアとCortex-M7コア/Cortex-M55コアとの性能比較(クリックで拡大) 出所:Arm

既存のデバイスやプロジェクトなどに対応する「Virtual Hardware」

 Virtual Hardwareは、クラウドベースのサービスで、Corstoneサブシステムの仮想モデルを活用し、物理的なチップを必要としないソフトウェア開発環境を、IoT/組み込み機器向けに提供する。今回は、新たに追加した2種類のCorstoneに加え、Cortex-M0からCortex-M33まで7種類のCortex-Mプロセッサについても仮想モデルを用意した。さらに、NXP SemiconductorsやST Microelectronics、「Raspberry Pi(ラズパイ)」など、サードパーティー製ハードウェアの仮想モデルも提供していく予定である。

 Project Centauriでは、既に9500種のMCUと440種の基板をサポートしている「Open-CMSIS-Pack」を提供している。この他、Cortex-Mエコシステム向けのCommon Device Interface(CDI)を定義する「Open-CMSIS-CDI」の標準化なども、パートナー企業と協力しながら進めているという。

Project Centauriのソフトウェアエコシステム(クリックで拡大) 出所:Arm

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.