メディア
ニュース
» 2022年04月28日 14時30分 公開

東芝D&S、32ビットマイコン群に21製品を追加Arm Cortex-M3コアを搭載

東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-M3コアを搭載した32ビットマイコン「TXZ+ファミリー アドバンスクラス」として、「M3Hグループ」21製品の量産を始めた。民生機器や産業機器におけるメイン制御、モーター制御などの用途に向ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

民生機器や産業機器のメイン制御やモーター制御に対応

 東芝デバイス&ストレージは2022年4月、Arm Cortex-M3コアを搭載した32ビットマイコン「TXZ+ファミリー アドバンスクラス」として、「M3Hグループ」21製品の量産を始めた。民生機器や産業機器におけるメイン制御、モーター制御などの用途に向ける。

 新製品は、40nmプロセスを用いて製造する。動作周波数は最大120MHzで、書き換え回数が最大10万回のフラッシュメモリ(容量は256kバイト/384kバイト/512kバイト)や、容量が32kバイトのデータフラッシュメモリなどを内蔵している。モーター制御機能としては、エンコーダー入力回路やプログラマブルモーター制御回路を搭載した。

 また、最大21チャネルの12ビットA-Dコンバーターは、入力チャネルごとに個別のサンプルホールド時間を設定することができ、さまざまなセンシングに対応することができるという。この他、UARTやTSPI、I2Cといった通信機能、2ユニットのDMAコントローラー、デジタルLCDドライバーなどを内蔵している。電源電圧は2.7〜5.5Vである。

M3Hグループの外観 出所:東芝D&S

 さらに、機能安全対策回路としてROMやRAM、A-Dコンバーター、クロックのチェック機構を実装した。家電機能安全(IEC60730)認証を取得するためのサンプルプログラムも提供する。パッケージは外形寸法が10×10mmのLQFP64から、20×20mmのLQFP144まで、合計7タイプを用意している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.