メディア
ニュース
» 2022年05月17日 09時30分 公開

ST、LED照明向けのデジタル電源制御ICを発表高い効率と正確なソフトスイッチ

STマイクロエレクトロニクスは、LED照明機器などに向けたデジタル電源制御IC「STNRG012」を発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

入力電圧範囲は最大305VAC、DC電源でも動作可能

 STマイクロエレクトロニクスは2022年5月、LED照明機器などに向けたデジタル電源制御IC「STNRG012」を発表した。

STNRG012の応用イメージ 出所:ST

 STNRG012は、マルチモードのPFC(力率改善)コントローラ、共振ハーフブリッジコントローラおよび、800Vの起動回路などを集積した。これらは、8ビットコアで動作するデジタルエンジンにより、高速のイベント駆動型ステートマシン(SMED)ペリフェラルを介し制御することができる。

 内蔵したPFCコントローラは、「臨界モード」や「不連続導通モード(DCM)」および、「バレースキッピングモード」を動的に切り替えることで、高い効率を実現することが可能である。ハーフブリッジコントローラは、独自の「タイムシフト制御(TSC)」技術により、正確なソフトスイッチングを実現した。

 さらに、パワーマネジメントやバーストモードエンジンなど専用ハードウェアIPブロックを搭載し、堅固な動作と待機時の低消費電力を可能にした。ハーフブリッジのサージ保護や共振外れ防止などの機能も備えており、信頼性も高いという。

 STNRG012は、不揮発性メモリ(NVM)を内蔵しており、これに保存する動作パラメーターや補正係数は、製造時にカスタマイズすることも可能である。入力電圧範囲は最大305VACで、DC電源でも動作が可能なため、最大300Wのバッテリー駆動やAC電源駆動のシステムなどに利用できる。パッケージはSO-20で供給する。1000個購入時の単価は約2.08米ドルである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.