メディア
ニュース
» 2021年09月15日 09時30分 公開

ST、GSMA認定済みのeSIM IC「ST4SIM」を発売産業/車載用などのM2M向け

STマイクロエレクトロニクスは、産業/車載システムのM2M(マシンツーマシン)用途向けに、GSMA認定済みeSIM(組み込み型SIM)IC「ST4SIM」の販売を始めた。販売代理店のサイトなどからオンラインで購入することができる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

ウェッタブルフランクパッケージで供給

 STマイクロエレクトロニクスは2021年9月、産業/車載システムのM2M(マシンツーマシン)用途向けに、GSMA認定済みeSIM(組み込み型SIM)IC「ST4SIM」の販売を始めた。販売代理店のサイトなどからオンラインで購入することができる。

ST4SIMの外観

 eSIM ICは、IoT(モノのインターネット)機器を移動体通信網に接続して通信サービスを利用するために必要となるデバイスである。産業機器などに組み込むことで、装置の状態監視や予知保全、アセット管理、エネルギー管理などを、遠隔地から容易に行うことができる。

 ST4SIMは、GSMA仕様に基づき、SIMプロファイルをリモート管理することができるため、機器に直接アクセスしなくても通信プロバイダーを変更することが可能だという。パッケージは、外形寸法が5×6mmのDFN8ウェッタブルフランクパッケージ(MFF2)で供給する。超小型のWCSP(ウェハレベルチップスケールパッケージ)などもオプションで用意している。

 なお、パートナー企業のTruphoneが運用するデバイスオンボーディング・プラットフォームやサービスプロビジョニング・プラットフォームを利用して、M2M向け製品の展開とeSIMのアクティベーションを行うことが可能になる。ST4SIMを搭載した開発キット「B-L462E-CELL1」も用意しており、システムの開発や評価を速やかに行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.