メディア
ニュース
» 2022年09月09日 15時00分 公開

「CAN-XL」搭載の車載用マイコン、STが発表eドライブトレインなどに対応

STマイクロエレクトロニクスは、次世代のeドライブトレインなどに対応する車載用マイコン「Stellar P6シリーズ」を発表した。新しい車載通信プロトコル「CAN-XL」を搭載し、2024年モデルの自動車向け認定を取得しているという。

[馬本隆綱EE Times Japan]

新しい車載通信プロトコル「CAN-XL」を採用

 STマイクロエレクトロニクスは2022年9月、次世代のeドライブトレインなどに対応する車載用マイコン「Stellar P6シリーズ」を発表した。新しい車載通信プロトコル「CAN-XL」を搭載し、2024年モデルの自動車向け認定を取得しているという。既にサンプル品の出荷も始めた。

イメージ図 出所:STマイクロエレクトロニクス

 Stellar P6シリーズは、自動車業界が取り組む「ソフトウェア定義型自動車」への移行を視野に入れて開発した製品。28nm FD-SOI技術を用い自社工場で製造する。プロセッサコアとして最大6個の「Arm Cortex-R52」を搭載した。一部のコアは「ロックステップモード」で動作し、その他のコアは「スプリットロックモード」で動作する。これによって、フェイルセーフの冗長性を確保することができるという。

 また、最大20Mバイトの不揮発性相変化メモリ(PCM)を内蔵した。フラッシュメモリに比べ高速アクセスが可能で、高温動作や耐放射線性にも優れている。OTA(Over The Air)ソフトウェアアップデート時もダウンタイムはなく、ダウンロードしたソフトウェアの検証が完了するまで、メモリスペースを動的に割り当てることができるという。

 さらにStellar P6シリーズは、リソースへアクセスする時に、Cortex-R52の機能とファイアウォールを利用することで、ハードウェア仮想化(サンドボックス化)を管理するという。高速のハードウェアセキュリティモジュール(HSM)とロックステップで動作する暗号化エンジンなどもサポートしている。これにより、自動車用機能安全規格(ISO 26262)の安全性レベル「ASIL-D」に対応し、「EVITA Full」のセキュリティレベルを実現する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.