メディア
ニュース
» 2022年06月06日 13時30分 公開

ST、車載用6軸MEMSモーションセンサーを発表内蔵の機械学習コアで直接AI処理

STマイクロエレクトロニクスは、機械学習コアを内蔵した車載用6軸MEMSモーションセンサー「ASM330LHHX」を発表した。車両の動きや姿勢を高精度に検出することができ、より高度な自動運転を実現するための機能を提供する。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

「高性能」と「低消費電力」の動作モードを用意

 STマイクロエレクトロニクスは2022年6月、機械学習コアを内蔵した車載用6軸MEMSモーションセンサー「ASM330LHHX」を発表した。車両の動きや姿勢を高精度に検出することができ、より高度な自動運転を実現するための機能を提供する。

新製品のイメージ 出所:STマイクロエレクトロニクス

 ASM330LHHXは、3軸加速度センサーと3軸ジャイロセンサーを1パッケージに集積した。機械学習コアを内蔵したことで、AI処理をセンサー上で速やかに実行することができる。アプリケーションプロセッサやクラウドベースのAI処理に比べ、極めて少ない電力消費でリアルタイム性能を実現することが可能になった。

 ASM330LHHXは、動作モードとして「高性能モード」と「低消費電力モード」を備えている。これによって、さまざまな用途に適した性能や機能を提供することが可能になった。例えば、「高性能モード」は、高精度の測位やV2X通信、衝撃検出など、高精度かつ低遅延が要求される用途に適している。

 一方、「低消費電力モード」では、加速度センサーとジャイロセンサーを両方動作させても、消費する電力は800μA未満だという。テレマティクスや盗難防止システム、モーションアクティベート機能など、常時動作を行う用途に適しているという。

 ASM330LHHXは、独自のMEMS技術を用いて製造する。これによって、アラン分散(AVAR)測定値が低く、優れた安定性と低ノイズを実現した。車載用半導体の信頼性規格「AEC-Q100」にも準拠、動作温度範囲は−40〜105℃である。

 パッケージは外形寸法が2.5×3×0.83mmの14端子LGAで供給する。1000個購入時の単価は約10.44米ドル。システム開発を支援するための「評価ボード」や、無償の「ソフトウェアサンプルライブラリー」も用意した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.