メディア
ニュース
» 2022年11月01日 13時30分 公開

パナソニック、北米で車載電池の新工場建設へ2024年度中の量産開始

パナソニック エナジーは、2022年10月31日、米国カンザス州に車載用円筒形リチウムイオン電池の新工場を建設することを正式に決定したと発表した。2022年11月から建設を開始し、2024年度中の生産開始を予定している。

[半田翔希EE Times Japan]

 パナソニック エナジーは、2022年10月31日、米国カンザス州に車載用円筒形リチウムイオン電池の新工場を建設することを正式に決定したと発表した。2022年11月から建設を開始し、2024年度中の生産開始を予定している。

 新工場は、ネバダ州に続く同社の米国における車載電池の第2工場となる予定で、世界的に加速する電気自動車(EV)シフトに伴う車載電池への需要増加に対応する狙いだ。新工場では、足元で顧客からの需要が高い、既存の車載用円筒形リチウムイオン電池「2170」の生産体制を強化する。2024年度中の量産を目指し、初期の生産能力は30GWh程度を想定している。

建設地イメージ 出所:パナソニック エナジー

 同社はリリースで「今後も継続して北米における車載用円筒形リチウムイオン電池のラインアップ強化と生産能力の拡大を目指す」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.