メディア
ニュース
» 2022年11月17日 09時30分 公開

Micronがメモリ減産へ、設備投資の追加削減も検討22年度Q4比で20%減に

Micron Technology(以下、Micron)は2022年11月16日(米国時間)、昨今の市況に対応し、DRAMとNAND型フラッシュメモリの供給量を削減すると発表した。

[村尾麻悠子EE Times Japan]

 Micron Technology(以下、Micron)は2022年11月16日(米国時間)、昨今の市況に対応し、DRAMとNAND型フラッシュメモリの供給量を削減すると発表した。

 DRAMとNANDウエハーの生産量を、2022年8月期第4四半期(2022年6〜8月)比で約20%減産する。この減産はMicronが手掛ける全てのテクノロジーノードで実施する予定だ。これにより、2023年通年におけるビット供給量の前年比成長率は、DRAMでマイナス、NANDフラッシュで1桁台になる見込みだ。

 同社は、設備投資をさらに削減することも検討している。Micronは2022年度の設備投資費として120億米ドルの予算を充てていたが、2022年9月には、半導体需要の減速を理由に、前年比で約30%減になることを明らかにしていた。

2022年11月16日、広島での記者説明会で報道機関からの質問に答えるCEOのSanjay Mehrotra氏

 なおMicronは2022年11月16日、広島工場(広島県東広島市)で1β DRAMの生産を記念するセレモニーを開催。そこに出席した社長兼CEOであるSanjay Mehrotra氏は、同日行われた記者説明会でメモリ/ストレージ市況について「今は厳しい状況だ。幅広い分野の顧客が在庫調整の時期に入っており、需要が減速している。パンデミックや、ロシアによるウクライナ侵攻、急激なインフレなど、現在はマクロ経済の影響で需給バランスが崩れている。Micronはそうした環境に対応すべく、既に対応を始めており、必要に応じてさらなる調整を行う。われわれは需要に応じて供給を適切にコントロールすることに注力しているが、需給バランスが正常に戻るまでには数四半期を要するだろう」と答えていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.