メディア
ニュース
» 2023年03月14日 13時30分 公開

車載カメラモジュールで日本ケミコンとValens連携MIPI A-PHY準拠のVA7000活用

日本ケミコンとValens Semiconductor(バレンズセミコンダクター)は、MIPI A-PHYに準拠したカメラモジュールの開発で連携していく。「人とくるまのテクノロジー展2023」にプロトタイプ品を出展する予定。

[馬本隆綱EE Times Japan]

「人とくるまのテクノロジー展」でプロトタイプ品を出展

 日本ケミコンとValens Semiconductor(バレンズセミコンダクター)は2023年3月、MIPI A-PHYに準拠したカメラモジュールの開発で連携していくと発表した。「人とくるまのテクノロジー展2023」(2023年5月24〜26日、パシフィコ横浜)にプロトタイプ品を出展する予定。

 Valensは、イスラエルのファブレス半導体メーカー。車載向け高速インタフェース規格である「MIPI A-PHY」に準拠したチップセット「VA7000」を開発し、2022年5月よりエンジニアリングサンプル品の出荷を始めていた。

 コンデンサーなどの電子部品を手掛ける日本ケミコンは、戦略市場として5つの分野を挙げている。特に、車載向け電子部品事業は全売上高の28%を占める規模となっている。こうした中で、日本ケミコンはValensと手を組み、Valens製VA7000を活用したカメラモジュールを早期開発し、提供していくことにした。

 MIPI A-PHY準拠のカメラモジュールは、高精細な映像を長距離かつ高速に伝送することができるという。このため車載記録やADAS(先進運転支援システム)、サラウンドビューなど、さまざまな用途で自動車への採用が期待されている。既に、Valens製の車載チップセットは世界の大手自動車メーカーが導入し、システムに搭載されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.