メディア
ニュース
» 2014年11月25日 12時22分 公開

“未来のスマートカー”はこうなる、ジャガーがコンセプトを発表ジェスチャでドアを開ける、電気を付ける……(2/2 ページ)

[Rick Merritt,EE Times]
前のページへ 1|2       

2015年発売予定の車種は、スマホに同期

 2015年に発売予定の「Jaguar XE」は既に、ヘッドアップディスプレイを搭載し、Wi-Fiスポットとしても機能する。音声命令に対応する他、「iPhone」とAndroidスマートフォンに同期させることもできるという。

 Tomar氏は、「エネルギーハーベスト(環境発電)用のセンサーを搭載したシートを搭載するモデルもある」と説明した。ただし、同氏は、プリンテッドエレクトロニクスを適用した車載アプリケーションを多用することに関しては疑問も感じているようだ。

標準モデルには100個以上のセンサーが、プレミアムモデルでは130個以上のセンサーが搭載されているという(クリックで拡大)

 Jaguar Land Roverの標準モデルには、70以上のECU(電子制御ユニット)が搭載されている。プレミアムモデルの場合、搭載されるECUは100を超える。複数のリアルタイムOS(RTOS)を動作させるために必要なコードは約550万行に上るという。Tomar氏は、「複雑さは航空宇宙のレベルに達している」と述べる。

搭載されるECUは100を超えることもある(クリックで拡大)

 「これらのサブシステムをすべて接続するために車に搭載されるケーブルの重量は、50kgに上る。これは、女性1人分くらいの重さだ。ケーブルを伸ばした長さは6kmに達し、3000ユーロ(約44万円)のコストがかかる」と指摘している。

ケーブルの長さは6kmに達する場合もある(クリックで拡大)

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.