メディア
ニュース
» 2015年04月03日 10時00分 公開

自動車や次世代医療分野で新ビジネス創出へ、富士通研が応用研究に注力ビジネスニュース 企業動向(3/3 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

Web OS技術を初公開

 初公開となる2つ目のWeb OS技術は、スマートフォンやタブレット端末などに搭載されたOSに依存することなく、周辺にある電子機器やセンサーシステムなどと自動的に接続して利用可能な状態とする技術である。

今回開発したのは、「Web型ドライバアーキテクチャ」と「デバイス プラグ&プレイ」技術である。AndroidなどのOS上に独自のアプリケーション実行環境(ランタイム)層を構築し、周辺デバイスを制御できるようにした。

スマートフォンやタブレット端末と電子機器、センサーシステムなどを動的に接続するための技術概要 (クリックで拡大) 出典:富士通研究所

 Web型ドライバアーキテクチャは、Webベースのアプリケーション層とOSの汎用通信インタフェースをランタイム層でつなぐためのブリッジ技術である。OSに依存するドライバをWeb層に配置することで、ドライバのOS依存性をなくした。また、アプリケーションの独立性を高めるため、ドライバの違いを吸収するデバイス抽象化APIも開発した。

 デバイス プラグ&プレイ技術は、周辺デバイスの検出と、それに対応するドライバの動的配信を制御する技術である。具体的には、スマートフォンなどが周辺の電子機器などを検知すると、周辺デバイスを制御するのに必要となるドライバを、クラウドなどに設けられたドライバストアから自動的にダウンロードし、スマートフォンのWeb層へ動的に実装する仕組みだ。スマートフォンなどの利用者は、従来システムのように、必要なドライバを手動でダウンロードしたり実装したりする必要はない。

 富士通研究所では、新開発のWeb OS技術について、訪問介護業務におけるスマートフォンと各種測定機器間のデータ送受信、運送/宅配業務におけるタグリーダなどとの接続、公共輸送車両内におけるナビ情報やオーディオ機器との接続、といった用途を想定している。当初は富士通グループ内部で使用しているIoT製品への活用を中心に展開し、2016年度中の実用化を目指す計画だ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.