メディア
連載
» 2016年03月23日 11時30分 公開

今こそ問いたい――そのダイエット、本当に必要ですか世界を「数字」で回してみよう ダイエット(28)(4/10 ページ)

[江端智一,EE Times Japan]

「糖質制限ダイエット」のホントのところ

 では次に、最近、いろいろ話題となっている「糖質制限ダイエット」についても考えてみたいと思います。

 このダイエットについての私なりの理解をひと言でまとめると、「ガソリンを入れないで走らせ続ける自動車」です。

画像

 人間が、動くためのエネルギーを得る最もてっとり早い手段は、糖質(炭水化物)を食べることです。糖質は、ガソリンのように簡単に引火して、エネルギーに変換されるからです。

 糖質制限ダイエットとは、このお手軽なガソリンの補給を断ってしまうことです。そうすれば、ガソリン以外のものをエネルギーに変換しなければならなくなります。

 脂質やタンパク質は、糖質のようにダイレクトな燃料として使うには、少々不便な性質を持っていますので、現在蓄えているぜい肉が、燃料に回されやすくなる、というものです。糖質制限ダイエットは、「痩せる」という目的に関しては、理にかなった方法といえるでしょう。

 しかし、本来、ガソリンとして使われているエネルギーが突然止められる訳ですので、頭痛や脳の機能低下が発生しやすくなりますし(「ダイエットで脳が壊れる? 危険な“負の連鎖”」)、本来、各種の潤滑油としての役割も果たす脂質や、体の構成要素であるタンパク質までもが、エネルギー源として使われてしまうことになるので、文字通り、「身体を切り崩す」ダイエットとなります。

 ただ、ダイエットというのは、基本的にはそういうものです。

 「健康なダイエット」というのは、「白い黒」というくらい、矛盾したフレーズなのです(後述します)。

「カロリー」の数字も、あてにならない

 「低インスリンダイエット」「糖質制限ダイエット」などの新しいダイエット手法に対して、私はダイエットの古典的手法である「カロリー制限ダイエット」をベースとして考えていますが、実際のところ、この「カロリー」自体も怪しいのです。

 なぜなら、「食物カロリーの数値」が、あまりアテにならないからです。

 食物カロリーというのは、「その食物自身が持っているカロリー(熱量)」にすぎず、それが「自分の体の中で消費されるカロリー」とイコールにはならないのです。

 例えば、セロリのように食物繊維の多い食べ物は、消化吸収に大きなエネルギーが必要なので、実質的なカロリーはごくわずかになります。

 しかし、人には個体差があって、強い胃液や腸液を持っていて、食物繊維をやすやすとぶっ壊すことができる人は、セロリであってもたくさんのエネルギーを取得することができる訳です。

 つまり、レストランで食事に表示されているカロリーは、一種の目安であって、実際に体内に摂取されるカロリーは、その人の個体差はもちろん、体調や気分、時間帯によっても変わるということです。

 ここまでをまとめますと、「低インスリンダイエット」だろうが「糖質制限ダイエット」だろうが、はたまた「カロリー制限ダイエット」だろうが、つまるところ、それらのダイエットの効果を比較する方法は、ないということです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.