メディア
ニュース
» 2016年06月10日 09時30分 公開

DP Alt Mode対応USB Type-C機器、普及加速へVESAが早期認定プログラムを開始(2/2 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

認定済みの製品も

 Choate氏は、「新しい規格が発表された場合、コンプライアンステストプログラムが完成する前に、その規格に対応した新製品が登場することがある」と話す。例えば、前述したMacBookや、GoogleのChrome OS搭載ノートPC「Chromebook Pixel」にはUSB Type-Cのポートが採用されているが、これはDisplayPort Alt Modeに対応している。「だが、優れたユーザー体験を担保しつつ新規格の普及を進めていく上で、コンプライアンステストプログラムは非常に重要なものになる。そこでわれわれは今回、DisplayPort Alt Modeに対応した製品について早期認定プログラムを開始した」(同氏)。同プログラムの開始は、2016年6月8日(米国時間)に発表されたばかりである。

DisplayPort Alt Modeに対応した製品の一例。LG Electronicsのディスプレイ(左の写真、奥)は早期認定プログラムで認定されたものだ。右はLG ElectronicsのスマートフォンとVR(仮想現実)ヘッドセットをDisplayPort Alt Modeを搭載したUSB Type-Cケーブルで接続している様子。スマートフォンからVRヘッドセットに、電力も供給されている(クリックで拡大)

 この早期認定プログラムを使って、IntelやDell、HP、LG Electronics、ASUS製のタブレット端末やディスプレイ、ノートPCなど十数機種が既に認定されている。これら認定済みの製品は、2016年内にも販売される見込みだ。2016年末までには、認定される製品がさらに増える予定だという。

 現時点で、台湾Allion Labs(アリオンラボ)と米GRL(グラナイトリバーラボ)の2つのテスト機関が、早期認定プログラムの一環としてテストを実行している。説明会では、GRLが、DisplayPort Alt Mode対応のUSB Type-Cケーブルのテストなどをデモで見せた。

左=GRLは、DisplayPort Alt Mode対応USB Type-C機器の早期認定テストのデモを行った/右=GRLが開発したテストコントローラー。DisplayPort Alt Mode対応USB Type-Cケーブルをこのコントローラーに差し込み、テストを行う(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.