メディア
特集
» 2017年01月24日 12時00分 公開

ISS 2017で語られた半導体技術の今後(後編)EUVから今後の半導体市場まで(3/3 ページ)

[Rick Merritt,EE Times]
前のページへ 1|2|3       

スマホ市場はミッドレンジとローエンドにシフト

 Gartnerの予測によるとスマートフォン市場は今後も成長し続けるが、成長する機種がミッドレンジおよびローエンドにシフトしていくとみられている。スマートフォン向けチップの売上高が半導体の売上高全体に占める割合は2017年に25.4%でピークを迎える。金額ベースでは、2018年に977億米ドルに達し、過去最高になると予測されている。

スマートフォンの世界出荷台数。単位は百万台 出典:Gartner

 2017年、PCとウルトラモバイルの成長は横ばいとなる見込みだ。同分野は半導体市場のセグメントとしては縮小し続けるとみられる。

 GLOBALFOUNDRIESのPatton氏は、「半導体市場では、資金は自社株の買い入れとM&Aに投じられてきた。それが新たな市場へ参入するのに一番手っ取り早い方法だからだ」と述べた上で、Qualcommが自動車事業とIoT事業を拡大するため、膨大な資金を投じてNXP Semiconductorsを買収したことに言及した。

PCおよびウルトラモバイルの世界出荷台数。単位は百万台 出典:Gartner

設備投資は縮小か

 設備投資のセグメントには、引き続き最も強い圧力がかけられている。VLSI ResearchのプレジデントであるG. Dan Hutcheson氏は「設備投資は循環が滞った状態である。これは、サプライチェーンの安定性にとって大きな脅威といえる」と懸念を述べた。

 イギリスのEU離脱やドナルド・トランプ氏の大統領選勝利に象徴される新たなポピュリズムの高まりは、マクロレベルにおいて最大の不確定要素である。

 イギリスに次いで、イタリアも、難民問題などからEUを離脱する可能性が高まっているともいわれている。BCA ResearchのMatt Gertkin氏は、「これらかも、ブラック・スワン(予想外の経済的な事象)が起こるだろう」と述べる。

 同氏は、トランプ大統領がインフラのプロジェクトや減税を進めるとなると、ばく大な赤字を出し、それが米国や中国でインフレを引き起こすとも予測している。その結果、「特に国外での設備投資を控える企業も出てくるだろう」とGertkin氏は予測している。

【翻訳:青山麻由子、滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.