メディア
特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
インタビュー
» 2017年07月03日 10時30分 公開

STマイクロは全方位戦略でIoTでの成長を目指すSTMicroelectronics 上級副社長 Benedetto Vigna氏(3/3 ページ)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

マイコンとの統合ソリューション展開

 Smart Industry市場では「インダストリー4.0に代表されるように世界各地で工場のスマート化に向けた活動が起こっており、今後、工場はスマート化されるという方向にある」とする。そうした中でSTが特に注目するのは、モーター駆動/制御、故障予知の領域だ。

 モーター駆動/制御領域には、アナログのモーター駆動回路とデジタルのマイコン「STM32ファミリ」をワンパッケージ化したデジタルソリューションを2017年に投入するなど、マイコンとアナログ半導体技術を統合したソリューション提案を強化中だ。

Smart Industry市場向けでの重点強化ポイントはモーター駆動制御領域 (クリックで拡大) 出典:STMicroelectronics

 故障予知などの領域は「当然、センサーが重要な役割を果たすのだが、既存の設備を通信に対応させることも重要」と着目し、無線/有線通信用ICの開発、拡販に注力する。「工場設備の有線通信規格の1つとして普及が有力視されるIO-Link用トランシーバーICを核にしたソリューションも整っており、引き合いが増えている状況」と期待を示す。

「STは構成要素の大部分をカバーできている」

 Vigna氏は「Smart Home&City、Smart Things、Smart Industryの3市場で必要とされる構成要素の大部分をSTはカバーできている。IoT領域は用途を問わず、さまざまな規格が乱立し、標準化されていない状況にある。こうした状況は、われわれSTにとってはチャンスと捉えている。われわれの幅広い製品群から、顧客に選択いただき業界標準となるIoTシステムを構築してもらえると思う」と語っている。

 また日本市場についてVigna氏は「新しい技術にいち早く取り組む市場であり、世界の最先端を走る日本の顧客とパートナーシップを組むことが重要だと考えている。実際、われわれは、日本の先進的な顧客パートナーとともに、MEMSセンサービジネスを立ち上げた実績がある。MEMSセンサーと同じように、日本からビジネスを拡大できると考えている」としている。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.