メディア
ニュース
» 2018年11月21日 09時30分 公開

停電時でも医療機器を消毒できる、TDKのプラズマ発生素子electronica 2018(2/2 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

小型の低温プラズマ発生素子

 低温プラズマを発生する素子「CeraPlas(セラプラス) HF」を使った製品も展示した。CeraPlas HFはelectronica期間中の11月13日に発表されたもので、大気圧下でさまざまなガスをイオン化できる。47.3×20×20mmと小型で消費電力も低いので、電池駆動のプラズマ処理器などの開発に適しているとする。樹脂の表面改質や、器具や食品の殺菌、脱臭など多くの用途がある。「地震などの災害が起こった時に、停電により医療機器の消毒ができないという課題がある。CeraPlas HFによってこうした課題を解決できる可能性がある」(TDK)

CeraPlas HFを組み込んだプラズマ発生機器の一例。右の写真で、噴射口の中に少し見えている棒のようなものがCeraPlas HF(クリックで拡大)

センシングとアクチュエーターを同じ素子に

 触覚フィードバック機能とセンサー機能を統合したアクチュエーター「PowerHap」のシリーズも展示した。0〜120Vの電圧の波形を印加することで振動する。波形の周波数を変えることで振動パターンを変えることができる。加速度は2.5〜35g。「自動車のパネルなどでは、どこを触ったのかが分かるようにしたいという要望がある。PowerHapは、同じ素子でセンサーとアクチュエーターの両方の機能を果たすので、部品点数が少なくて済むという利点がある」(TDK)

左=展示した「PowerHap」。さまざまな形状とサイズがある/中央=このようなタブレットを使い、「Press」と書かれた箇所を押すと触覚フィードバックが得られるデモを行った/右=スマートフォンの側面にPowerHapを搭載した場合の例。PowerHapを使えば、このように側面のボタンをなくすこともできる。デモでは、丸いシールが貼られている所を押すと、触覚フィードバックが得られた(クリックで拡大)

オールセラミックの全固体電池

 この他、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16〜19日、千葉市・幕張メッセ)でも展示した、全固体電池「CeraCharge」も紹介した(関連記事:全固体電池を用いた環境発電を提案 TDK)。CeraChargeは、チップ形状をしたオールセラミックの全固体電池。焼成済みなので、爆発や液体の漏れがなく安全性が高い。2019年度第1四半期に量産を開始する製品だ。electronicaでは、小型のソーラーパネルとCeraChargeを搭載した電卓を使い、環境発電で駆動させるデモを紹介した。

左=電卓の裏側。片方はソーラーパネルのみで、もう片方にはソーラーパネルとCeraChargeが搭載されている/右=ソーラーパネルの部分を手で覆うと、ソーラーパネルのみの電卓はすぐに数字が消えてしまったが、CeraChargeも搭載している電卓は数字を表示し続けた(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.