メディア
連載
» 2020年08月18日 11時30分 公開

コロナ影響は? 今年度見通しは? 電機大手8社の4〜6月決算分析大山聡の業界スコープ(32)(2/4 ページ)

[大山聡(グロスバーグ),EE Times Japan]

産業メカトロニクスが赤字転落の三菱電機

 三菱電機の2020年度第1四半期は、売上高は8581億円(前年同期比1926億円減)、営業利益202億円(同347億円減)、当期利益178億円(同248億円減)だった。

出典:三菱電機決算資料を基にGrossberg作成

 重電システム部門は微減収ながら費用改善で増益を達成、コロナの影響を受けながらも国内電力関連の公共事業が堅調だった。産業メカトロニクス部門は大幅な減収減益、FAシステム事業も自動車機器事業もコロナの影響が非常に大きかった。例外的に、5Gネットワーク、半導体、マスク製造などに伴う需要があった。情報通信システム部門は減収減益、テレワーク関連のインフラ需要など若干の増加はあったが、製造業を中心にIT投資の延期や中止が多かった。電子デバイス部門は微減収ながら増益、5G用光高周波デバイスなどが堅調だった。家庭電器部門は減収減益、国内外で空調機器の需要減があった。

 2020年度の会社計画は、売上高4兆1000億円(前年比3625億円減)、営業利益1200億円(同1396億円減)、当期利益1000億円(同1218億円減)としており、産業メカトロニクス部門の収益を期待できない局面なので、同社にとってしばらくは厳しい状況が続きそうである。

コロナの影響が軽微でも減収減益のNEC

 NECの2020年度第1四半期は、売上高5877億円(前年同期比662億円減)、調整後営業損失58億円(同134億円減)、調整後当期損失23億円(同81億円減)だった。

出典:NEC決算資料を基にGrossberg作成

 社会公益部門は減収減益、医療・公共向けの需要減、ビジネスPC更新需要の一巡などが要因で、コロナの影響は目立って大きくない。社会基盤部門も減収減益、航空宇宙・防衛向けの需要減によるもので、やはりコロナの影響は大きくない。エンタープライズ部門も減収減益、前年の大型案件の減少とビジネスPC更新需要の一巡などによるものである。ネットワークサービス部門は、固定ネットワーク領域の増加、一過性の大型案件などで大きく伸びた。システムプラットフォーム部門は微増収減益、5G関連の投資増が負担となった。グローバル部門は減収減益、ディスプレイ、ワイヤレスの減少、KMD(デンマークのIT子会社)の一部事業終息などが要因だった。

 2020年度の会社計画は、売上高3兆300億円(前年比652億円減)、調整後営業利益1650億円(同192億円増)、調整後当期利益990億円(同122億円減)、期初予想から変更ないが、コロナの影響が軽微な割には全部門が第1四半期減益、という現状に不満が残る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.