メディア
ニュース
» 2021年08月27日 15時30分 公開

住友化学、半導体用高純度ケミカルの生産能力増強愛媛と韓国で製造ラインを増設

住友化学は2021年8月24日、愛媛工場(愛媛県新居浜市)と韓国子会社で、半導体用高純度ケミカルの製造ラインを増設し、生産能力を増強すると発表した。愛媛工場は2024年度上期、韓国子会社は2023年度下期に稼働の予定。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

愛媛工場は2024年度上期、韓国子会社は2023年度下期に稼働予定

 住友化学は2021年8月24日、愛媛工場(愛媛県新居浜市)と韓国子会社で、半導体用高純度ケミカルの製造ラインを増設し、生産能力を増強すると発表した。愛媛工場は2024年度上期、韓国子会社は2023年度下期に稼働の予定。

 高純度ケミカルは、半導体の製造工程で精密洗浄などに用いられる。特に、不純物をpptレベルに抑える超高純度化技術が同社の強みとなっている。同社は、1978年に千葉工場(千葉県市原市)で硫酸や硝酸など半導体用高純度ケミカルの生産を開始。愛媛工場では1991年より硫酸の生産を始めた。現在は韓国や中国でも事業を展開する。

 5G(第5世代移動通信)対応のスマートフォンを始め、通信・ネットワーク機器やPCなどの需要拡大に支えられ、半導体デバイス需要は高い水準で推移する。このため、高純度ケミカルの需要も引き続き拡大が見込まれている。

 こうした中で同社は、製造ラインを増設することを決めた。新ラインが稼働すれば、愛媛工場では高純度硫酸の生産能力が現在の約2倍に増える。韓国子会社の東友ファインケム(Dongwoo Fine-Chem)益山工場では、高純度アンモニア水の生産能力が約4割増強されることになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.