メディア
ニュース
» 2021年10月07日 15時30分 公開

タッチレス操作の静電ホバータッチディスプレイ最大約5cm離れても高精度に検知

シャープは、画面に直接触れなくても操作できる「静電ホバータッチディスプレイ」を開発した。飲食店での注文用端末、商業施設などにおける案内表示板など、非接触での操作が求められる用途に向ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

新開発の高感度タッチコントローラーを搭載

 シャープは2021年10月、画面に直接触れなくても操作できる「静電ホバータッチディスプレイ」を開発したと発表した。飲食店での注文用端末、商業施設などにおける案内表示板など、非接触での操作が求められる用途に向ける。

静電ホバータッチディスプレイの外観 出所:シャープ

 静電ホバータッチディスプレイは、静電容量方式のタッチパネルを採用している。新たに開発した高感度タッチコントローラーを搭載することで、操作する指がディスプレイ表面から最大約5cm離れていても、高い精度で検知できる。手袋を装着した状態でも指を確実に検知するという。

 画面サイズは15型程度から55型程度まで、幅広く展開することができる。設置方法も横向きや縦向き、斜め置きなどに対応できる。指を検知したら効果音を発するなどの機能を持たせることもできる。

飲食店や商業施設などにおける応用イメージ[クリックで拡大] 出所:シャープ

 シャープは、「CEATEC 2021 ONLINE」(2021年10月19〜22日開催)に出展し、飲食店やショッピングモールなどでの応用例を紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.