メディア
コラム
» 2022年03月22日 12時00分 公開

既に総額11兆円以上、大規模工場投資を加速したIntelの1年電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記

IntelのCEO(最高経営責任者)としてPat Gelsinger氏が就任し、1年余りが経過しました。今回は、就任以降に発表された工場投資や買収計画をまとめてみました。

[永山準,EE Times Japan]

 この記事は、2022年3月22日発行の「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」に掲載されたEE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。

※この記事は、「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」をお申し込みになると無料で閲覧できます。


既に総額11兆円以上、大規模工場投資を加速したIntelの1年

 2021年2月16日(米国時間)にIntelのCEO(最高経営責任者)としてPat Gelsinger氏が就任し、1年余りが経過しました。最先端のプロセスノード開発でTSMCやSamsungElectronicsに後れを取り、業績低迷が続いていた状況で前任のBob Swan氏からバトンを受け取った同氏。その手腕に期待が高まるなか、就任1カ月後の同年3月23日には、半導体内製の強化、他社ファウンドリー活用の拡大、専業ファウンドリー事業参入という3本柱で構成する半導体の新しい製造戦略「IDM 2.0」を発表し、“Intel復活“に向けた新たな方向を示しました。以来1年の間に、この戦略にのっとった形で巨額の投資や買収を次々と発表し業界を驚かせてきました。今回、Gelsinger氏就任以降に発表された工場投資や買収計画をまとめてみました。

1.アリゾナ新工場/200億米ドル

 2021年3月23日、Intelにおける生産能力を拡大すべく、約200億米ドルを投資して、アリゾナ州チャンドラーの「Ocotillo(オコティージョ) Campus」に2棟、新しい工場を建設すると発表。建設する工場では、「Intel 20A」を含む最先端のプロセス技術が導入される予定。同年9月には建設開始しており、フル稼働は2024年を見込んでいます。

  • Intelがファウンドリー事業を発表、工場にも大規模投資

2.ニューメキシコ工場拡張/35億米ドル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.