メディア
ニュース
» 2022年04月28日 20時05分 公開

村田製作所、2021年度も増収増益で過去最高更新22年度も引き続き好調の予想(1/3 ページ)

村田製作所は2022年4月28日、2022年3月期(2021年度)通期の決算説明会を行った。2021年度の売上高は、前年比11.2%増の1兆8125億円、営業利益は同35.4%増の4241億円となり、ともに過去最高を更新した。円安効果に加え、主力の積層セラミックコンデンサー(MLCC)が自動車向けやPC向けで大きく増加したことなどが要因となった。

[永山準,EE Times Japan]

 村田製作所は2022年4月28日、2022年3月期(2021年度)通期の決算説明会を行った。2021年度の売上高は、前年比11.2%増の1兆8125億円、営業利益は同35.4%増の4241億円となり、ともに過去最高を更新した。円安効果に加え、主力の積層セラミックコンデンサー(MLCC)が自動車向けやPC向けで大きく増加したことなどが要因となった。 

 円安による具体的な影響については、2021年度は約380億円の増益効果があったという。営業利益率は同4.2ポイント増の23.4%。純利益は同32.5%増の3141億円となった。

2021年度通期の業績概要[クリックで拡大] 出所:村田製作所

自動車、PC向けでMLCC好調

 売上高を製品別にみると、コンデンサーは前年比25.3%増の7853億円、圧電製品は同7.0%増の1384億円、その他コンポーネントは同18.8%増の4604億円と好調だった。一方でモジュールについては同12.1%減の4256億円となっている。

左=2021年度通期の製品別売上高/右=製品別売上高概況[クリックで拡大] 出所:村田製作所

 コンデンサーでは主力のMLCCがリモートワークやオンライン教育の需要を背景としてPC向けで大きく増加したほか、電装化の進展や顧客による部品在庫の積み増し需要によりカーエレクトロニクス向けで増加した。圧電製品も圧電センサー、発振子、表面波フィルターがいずれも好調だった。その他コンポーネントでは、リチウムイオン二次電池がパワーツール向けで大きく増加。インダクターもPCやカーエレクトロニクス向けで順調に推移した。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.