メディア
ニュース
» 2022年04月28日 20時05分 公開

村田製作所、2021年度も増収増益で過去最高更新22年度も引き続き好調の予想(2/3 ページ)

[永山準,EE Times Japan]

不調の高周波モジュール、M&Aの獲得技術に期待

 一方のモジュールは、コネクティビティモジュールが製品ポートフォリオの見直しによってスマートフォン向けで減少したほか、同社が成長を期待する樹脂多層基板「メトロサーク」や高周波モジュールも不調だった。同社会長の村田恒夫氏は、「コネクティビティモジュールは、事業ポートフォリオの見直しにより引き続き縮小していく。また、高周波モジュールはわれわれが伸ばしたい分野ではあるが、シェアの変動などもあり、来期も少しマイナス方向にある」と説明。

 村田氏はその上で、2021年3月のResonant、同年9月のEta Wireless買収について触れ、「今期すぐに力になるというわけではなく、来期に向けてだが、(両社が)高周波モジュールにとって大きな戦力になると期待している」と述べた。

左=買収したResonantの「XBAR技術」について/右=高周波デバイス関連のM&Aと獲得技術[クリックで拡大] 出所:村田製作所

受注残高も過去最高を更新

 受注残高は、自動車向けでコンデンサーの受注が加速したことで増加、2021年3月末時点で5218億円と過去最高を更新した。村田氏は、「ウクライナの問題など、新たにサプライチェーン分断が心配されることもあり、そのサプライチェーンへの不安に対し早く手配をしておこう、という気持ちが働いてきていると感じている」と説明した。

2021年度通期の業績概要。ただここには3月末に円安が急加速したことによる為替影響での増加も含まれているとしている[クリックで拡大] 出所:村田製作所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.