メディア
ニュース
» 2022年05月10日 13時30分 公開

TDKが北上工場に新棟建設、MLCCの生産体制を強化車載用の需要急増に対応

TDKは2022年5月10日、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の生産能力を強化するため、TDK エレクトロニクスファクトリーズの北上工場(岩手県北上市)の敷地内に、新たに製造棟を建設すると発表した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 TDKは2022年5月10日、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の生産能力を強化するため、TDK エレクトロニクスファクトリーズの北上工場(岩手県北上市)の敷地内に、新たに製造棟を建設すると発表した。新棟は4階建てで、延床面積は約3万3000m2。2023年3月に建設を開始し、2024年6月の完成を予定している。量産は2024年9月に開始する計画だ。

新棟のイメージ図[クリックで拡大] 出所:TDK

 新棟では、MLCCの材料から完成品まで一貫して生産できる体制を整える。背景にあるのは、特に車載向け高信頼性MLCCの需要の急増だ。電気自動車(EV)の普及の他、自動運転やADAS(先進運転支援システム)の進化に伴い、車載用電子部品では、ますます高い信頼性が求められるようになっている。TDKは2021年から、自社および関連会社の増産体制を整えてきた。

 TDKは2022年3月に、電子部品の開発/生産拠点として秋田県にかほ市に新工場「稲倉工場西サイト」を建設すると発表した。北上工場の新棟建設は、稲倉工場西サイトに続く、「電子部品のモノづくり強化の第2弾」になるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.