メディア
ニュース
» 2022年05月23日 17時30分 公開

FPGAの普及推進団体「ACRi」にインテルが参加AMDとインテルの2社がそろう

FPGA/再構成可能デバイスの活用方法を模索、研究する団体であるアダプティブコンピューティング研究推進体「ACRi(Adaptive Computing Research Initiative/アクリ)」は2022年5月10日、Intelの日本法人インテルが協賛企業として参加したと発表した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 FPGA/再構成可能デバイスの活用方法を模索、研究する団体であるアダプティブコンピューティング研究推進体「ACRi(Adaptive Computing Research Initiative/アクリ)」は2022年5月10日、Intelの日本法人インテルが協賛企業として参加したと発表した。

 ACRiは2020年4月、4つの大学と16の企業が参加して発足。同年8月には、FPGA利用環境を無償で提供する「ACRiルーム」を開設した。2022年4月時点で、ACRiの参加団体は32に上る。協賛企業には、インテルの他、デンソーウェーブ、コニカミノルタ、サイバーエージェント、KDDI、推論エンジンを手掛けるMipsology、先端LSIの設計開発や機械学習ソリューションを手掛けるアクセルなどが名を連ねる。

 なお、ザイリンクス(現在はAMDのAdaptive Embedded Computing Group)はACRiの創設企業の1社なので、インテルの参加により、ACRiには大規模FPGAを手掛ける大手メーカーがそろったことになる。

 ACRi代表を務める、東京工業大学 情報理工学院 情報工学系教授の吉瀬謙二氏は、リリースで「FPGA業界をけん引するインテルの参加によってACRiの活動を大きく前進できることをうれしく思う。AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)の普及に伴って低電力で高性能なコンピューティングシステムへの需要が増大している。ACRiはそれらを実現するキーテクノロジーであるアダプティブコンピューティングの発展と普及を推進していく」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.