メディア
コラム
» 2022年05月30日 12時00分 公開

深刻化する、半導体を作るための装置を作るための半導体が足りない問題電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記

半導体不足は、現在も解消への見通しが不透明な状況ですが、うまく解消されるよう、業界/政府の取り組みが進むことを願います。

[永山準,EE Times Japan]

 この記事は、2022年5月30日発行の「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」に掲載されたEE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。

※この記事は、「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」をお申し込みになると無料で閲覧できます。


深刻化する、半導体を作るための装置を作るための半導体が足りない問題

 2020年後半から顕在化してきた半導体不足は、現在も解消への見通しが不透明な状況が続いています。最近の業界関係者らの予測としては「2024年には緩和される」という見方が強かった印象ですが、今回、IntelのCEO(最高経営責任者)のPat Gelsinger氏が新たに、この問題が「2024年いっぱいまで続く」という見解を示しました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.