メディア
ニュース
» 2022年08月31日 16時48分 公開

ルネサス、印新興企業買収でレーダー事業に本格参入ADASの成長性に注目

ルネサス エレクトロニクスは2022年8月31日、4Dイメージングレーダーを手掛けるインドのSteradian Semiconductors(以下、Steradian)を買収する合併契約を締結したと発表した。ルネサスは、「Steradianのレーダー技術を獲得し、レーダ事業に本格参入することにより、車載および産業用のセンシングソリューションを拡充する」としている。買収は、2022年末までに完了する見込み。

[永山準EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2022年8月31日、4Dイメージングレーダーを手掛けるインドのSteradian Semiconductors(以下、Steradian)を買収する合併契約を締結したと発表した。ルネサスは、「Steradianのレーダー技術を獲得し、レーダ事業に本格参入することにより、車載および産業用のセンシングソリューションを拡充する」としている。買収は、2022年末までに完了する見込み。

 Steradianは、インド・ベンガル―ルに本社を置く、2016年創業のファブレス半導体企業。76G〜81GHz帯の4Dレーダートランシーバーで、高性能に加え高集積による小型化と電力の高効率化を実現する技術など、レーダーに関する高い専門性を有している。

 ルネサスは、Steradianと2018年から産業分野を中心に協業を開始している。ルネサスは今回の買収に関し、「天候や昼夜など外部環境の制約を受けずに長距離の検出が可能なレーダーは、ADAS[先進運転支援システム]実現のための中核デバイスとして、今後5年で約3倍に搭載数が増えると予想されている。ルネサスは、車載レーダー市場の成長性を鑑みて、Steradianを買収することにより車載レーダー製品をポートフォリオに加える」と説明している。

 ルネサスは今後、Steradianの設計資産と専門的知見を活用して車載レーダー製品を開発し、2022年中のサンプル出荷開始を目指す。さらに、その車載レーダー製品と、レーダー信号処理用のADAS用SoC(System on Chip)やパワーマネジメントIC(PMIC)、タイミング製品、認識用ソフトウェアを組み合わせた車載レーダーソリューションを開発していく方針で、「これにより、レーダーシステムの設計の容易化を図り、早期開発に貢献する」としている。

 ルネサスの代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)、柴田英利氏は、「Steradianの優れた技術とエンジニアを獲得することで、自動車分野におけるリーディングポジションをさらに強固なものにできる。ルネサスは今後、このレーダー技術を産業分野でも積極的に活用することにより、中長期的な事業成長につなげていく」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.