メディア
ニュース
» 2022年09月26日 11時30分 公開

低電流駆動でも発光ばらつきが小さいLEDを開発製品ごとの明るさや色むらを低減

ロームは、低電流で駆動した時でも発光のばらつきが極めて小さい、1608サイズのLED「CSL1901シリーズ」を開発、量産を始めたと発表した。制御機器や通信制御機器などに内蔵される、複数個のLEDを並べた表示器の視認性を向上させることができるという。

[馬本隆綱EE Times Japan]

PLCなどに内蔵する表示器の視認性を向上

 ロームは2022年9月、低電流で駆動した時でも発光のばらつきが極めて小さい、1608サイズのLED「CSL1901シリーズ」を開発、量産を始めたと発表した。制御機器や通信制御機器などに内蔵される、複数個のLEDを並べた表示器の視認性を向上させることができるという。

CSL1901シリーズの外観 出所:ローム

 これまでの一般的なLEDは、微発光時に「明るさ」や「色味」などが、製品ごとにばらつくこともあった。CSL1901シリーズは、順方向電流2mAでの発光を考慮し、素子特性を合わせ込むことによって、製品ごとの視覚的ばらつきを低減した。具体的には、最大定格20mA仕様のLEDを2mAで発光させたとき、「明るさ」のばらつきを従来に比べ半減、「色味」の変化は約3nm抑制したという。

 パッケージは1.6×0.8mmの1608サイズで、発光色の違いにより5製品を用意した。サンプル価格(税別)は90円。2022年7月から、月産40万個規模で量産を始めた。インターネット販売も行っており、コアスタッフオンラインやチップワンストップなどのウェブサイトからも購入することができる。

CSL1901シリーズの主な仕様(クリックで拡大) 出所:ローム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.