メディア
CEATEC 2022 特集
ニュース
» 2022年11月09日 09時30分 公開

A4サイズの超小型!NECのローカル5G一体化基地局導入コストを50%以下に削減

 NECは、CEATEC2022(2022年10月18〜21日)で、「CEATEC AWARD 2022」総務大臣賞を受賞したローカル5G(第5世代移動通信)小型一体型基地局「UNIVERGE RV1200」を展示した。

[半田翔希EE Times Japan]

 NECは、「CEATEC 2022」(2022年10月18〜21日)で、「CEATEC AWARD 2022」総務大臣賞を受賞したローカル5G(第5世代移動通信)小型一体型基地局「UNIVERGE RV1200」を展示した。

NECのローカル5G小型一体型基地局「UNIVERGERV1200」[クリックで拡大]

一体化により小型化&低コストを実現

 UNIVERGE RV1200は、ローカル5Gの基地局の無線部(RU:Radio Unit)、制御部(CU:Central Unit/DU:Distributed Unit)を1つの筐体内に収めた小型基地局だ。従来の分離型基地局は、RU、CU、DUをそれぞれ設置する必要があり、導入には数千万円の費用がかかることが一般的だ。UNIVERGE RV1200は、一体型によるシンプルな構成によって、導入費用を従来比で50%以下に抑えることができるという。

 UNIVERGE RV1200のサイズは250×57×210mmとA4サイズ以下で、重量も約3kgと軽量化している。また、シンプルなシステム構成による導入期間の短縮、消費電力の削減、スモールスタートから必要に応じて拡張できる高い柔軟性なども実現している。

UNIVERGE RV1200の概要[クリックで拡大]

 同製品を用いたシステムは、必要に応じて新たな一体型基地局を追加するだけで、容易に拡張が可能(最大128台)だ。なお、1台で半径50m程度、アンテナ次第では200m程度まで通信できる。また、防塵(じん)/防水性能(IP66)を備えており、屋内外問わず設置可能だ。

開発責任者の藤本幸一郎氏[クリックで拡大]

 開発責任者で同社の事業戦略・プロモーション統括部 上席テクノロジー・エバンジェリスト、藤本幸一郎氏は、「デジタル化のハードルを下げるためには、シンプルで使いやすいものでなければいけない。われわれは”ローカル5Gの本当の民主化”を目指しており、企画/導入/運用まで一気通貫でサポートしていく」と語った。

キャリア5Gとローカル5Gの展開[クリックで拡大]

 同社はUNIVERGE RV1200について今後、半導体メーカーと協業しハードウェアの性能改善を進めると共に、通信速度の向上や通信遅延リスクの軽減などのソフトウェアの改善も進めていく方針だという。

NECのローカル5G展開

 NECは、徳島県と連携して医療、防災、農業など一部分野でローカル5G/5Gの活用を進めている。医療分野においては、80km離れた病院間で超高精細の8K手術映像をリアルタイムに共有、医師間の情報交換や遠隔診療に活用している。また、防災分野においては、河川監視カメラの映像を県土防災システムに伝送、インターネット配信やTVと連携し、地域住民の避難判断などに活用しているという。

左=河川監視/右=遠隔医療[クリックで拡大] 出所:徳島県デジタルとくしま推進課

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.