メディア
ニュース
» 2023年03月29日 10時30分 公開

電圧検出応答は10マイクロ秒、車載用バッテリー監視IC車載の機能安全に貢献

エイブリックは2023年3月22日、車載用高耐圧バッテリーモニタリングIC「S-19114シリーズ」を販売開始したと発表した。電圧検出応答時間(36V動作)は、同社従来製品比で20分の1となる最大10マイクロ秒で、「業界最速」(同社)だという。

[半田翔希EE Times Japan]

 エイブリックは2023年3月22日、車載用高耐圧バッテリーモニタリングIC「S-19114シリーズ」を販売開始したと発表した。量産は既に開始していて、2028年には単年度で400万個の販売を目指している。サンプル価格は182円(税抜)だ。

 S-19114シリーズは、IC内部の抵抗成分を同社従来製品比で5分の1以下、容量成分も同社従来製品よりも減らすことで、電圧検出応答時間を従来比で20分の1となる最大10マイクロ秒(36V動作時)に短縮した。これは「業界最速」(同社)だという。動作時消費電流は、2.0μA(標準値)に抑えていて、システムの暗電流削減にも貢献する。

「S-19114シリーズ」の概要 「S-19114シリーズ」の概要[クリックで拡大] 出所:エイブリック

 自動車業界では、交通事故を未然に防ぐための自動車部品の品質向上を図るとともに、万が一故障した際の影響を最小限にする機能安全への取り組みが進んでいる。その一つに、ECU(Electronic Control Unit)に電圧を供給するバッテリーの遮断時の対策がある。バッテリーからの電源供給が遮断されると、ECUに供給される電圧が低下する。電圧低下を検知してからECUを安全にリセットするためには、一定の時間を確保する必要があり、現在は、コンデンサーをECUの入力に搭載することで対応している。しかし、近年は自動車機能の高度化に伴いECUの統合が進み、ECUに供給する電流が増加傾向にあるため、コンデンサーも増える傾向にあり、コストや基板の専有面積が増えるという課題がある。

 S-19114シリーズは、検出応答時間の異なる2種類(10マイクロ秒/25マイクロ秒)、ヒステリシス幅の異なる4種類(0%/2.0%/5.0%/10.0%)、パッケージが2種類(HSNT-6(2025)/SOT-23-5)、計16種類の製品タイプがある。

製品タイプ機能別一覧 製品タイプ機能別一覧[クリックで拡大] 出所:エイブリック

 検出応答時間が10マイクロ秒(36V動作時)の「L/M/N/R」タイプは、従来品よりも検出応答時間が短いため、より高速な検出応答を必要とする場面での活用を想定している。一方、検出応答時間が25マイクロ秒(36V動作)の「P/Q/S/T」タイプは、従来品と同等の検出応答時間で、より消費電流を抑えられる。パッケージは、超小型のHSNT-6(2025) (1.96×2.46×t0.5mm)の製品では、従来品比で約20%の省面積化を実現し、SOT-23-5の製品では、汎用的な形状への需要に対応する。エイブリックは、「S-19114シリーズの活用により、コンデンサーの数を2割弱(最大)減らせると想定している」と述べた。

 アプリケーションは、車載バッテリー電圧検出やバッテリーマネジメントシステム(BMS)など、主に車載向けを想定している。今後についてエイブリックは、「48Vバッテリーに対応できるように、動作電圧を60〜80Vまで高めることが目標だ」と説明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.