メディア
ニュース
» 2023年04月26日 09時30分 公開

加賀東芝、パワー半導体新製造棟の建設を開始300mmウエハーに対応

東芝デバイス&ストレージ(東芝D&S)は、加賀東芝エレクトロニクス(石川県能美市)で、300mmウエハー対応パワー半導体新製造棟(第1期)の起工式を行った。2024年度中の稼働を予定している。

[馬本隆綱EE Times Japan]

パワー半導体の生産能力は2021年度に比べ2.5倍に

 東芝デバイス&ストレージ(東芝D&S)は2023年4月、加賀東芝エレクトロニクス(石川県能美市)で、300mmウエハー対応パワー半導体新製造棟(第1期)の起工式を行った。2024年度中の稼働を予定している。第1期分がフル稼働すれば、同社パワー半導体の生産能力は2021年度に比べ2.5倍となる。

 東芝D&Sはこれまで、加賀東芝を中心に200mmウエハー対応製造ラインの生産能力を増強してきた。加賀東芝の既存棟では2022年度下期より300mmウエハーを用いて、パワー半導体の生産を始めている。自動車の電動化や産業機器の自動化などにより、パワー半導体の需要は今後も拡大する見通しから、2022年2月に新製造棟の建設を決めた。市場動向を見極めながら、2期に分けて投資を行う計画で、今回建設するのは第1期分となる。

 新製造棟は、免震構造の採用や電源などの2重化によるBCP(事業継続計画)の強化を図った。また、使用する電力は100%再生可能エネルギーで対応し、人工知能(AI)の活用などにより、製品品質や生産効率を向上させる。

300mmウエハー対応パワー半導体新製造棟の完成イメージ図(第2期分含む) 出所:東芝D&S 300mmウエハー対応パワー半導体新製造棟の完成イメージ図(第2期分含む) 出所:東芝D&S

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.