メディア
ニュース
» 2015年10月09日 15時40分 公開

ざらざら感とプチプチ感、2種類の感触を実現NLTテクノロジーの触覚ディスプレイ(2/2 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

「輝度の均一性」など、独自の技術で勝負

 NLTテクノロジーの液晶ディスプレイは、医療、建設機械、アミューズメント、FA(Factory Automation)など、さまざまな分野で採用されている。ローエンドは主に中国・新興国向けが多く、ハイエンドは欧米向けが中心になるという。

 同社は、いかに用途に適したディスプレイを実現するかを常に念頭に置いている。「建設機械で使うならば振動に強いもの、医療用途で使うならば輝度が均一であるもの、といった具合だ」(同社)。例えばレントゲンの写真を表示する場合、白い色がディスプレイのどの部分でも均一に表示されなければならない。何かの疾患と誤診してしまう可能性もあるからだ。NLTテクノロジーによると、輝度の均一性を実現するには、LED1個1個の出力を調整するなど精度の高い技術が必要になるという。そうした細かい技術で勝負することが、他社との差異化につながっている。

photo NLTテクノロジーの液晶ディスプレイが使われている分野(クリックで拡大)

CEATEC JAPAN 2015(CEATEC 2015)

CEATEC JAPAN 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

ディスプレイ | 触覚 | CEATEC | 液晶 | 3D画像


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.