メディア
ニュース
» 2016年06月03日 14時30分 公開

半導体商社から付加価値ビジネスへと構造変換をバイテックが語る経営戦略(2/2 ページ)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

秋田県大館市にレタス工場を竣工

 環境エネルギー事業で重点施策の1つとして特徴的なのは、秋田県立大学との共同研究によって生まれた植物工場である。バイテックグリーンエナジーが2016年4月、秋田県大館市に植物工場を完成させた。1日約1万株のフリルレタスを生産しており、既に地元のスーパーや大手のコンビニエンスストアの採用が決まっているという。

 2016年中には、石川県と鹿児島県にも植物工場を設ける予定。フランチャイズ展開や販売ルートの構築を進め、5年以内に約15カ所の稼働を予定している。将来的には、既存ビジネスの技術を生かしたIoTやビッグデータの活用を進めていくとした。

秋田県大館市の植物工場 (クリックで拡大) 出典:バイテックホールディングス

 今野氏は、「デバイスメーカーがどんどん合併していく中で、国内には多くの半導体商社が存在しているため、新しい形の模索をしていかなければならないのは当然だろう。当社は、グローバルという視点で台湾WPGとの提携やドイツへの進出を進めているため、今後10年以内にメガディストリビューターとしての位置を確立したい」と語る。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.