メディア
TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア2018)特集
ニュース
» 2018年04月20日 13時30分 公開

高効率なモーター開発を支える、横河の最新計測器TECHNO-FRONTIER 2018レポート(2/2 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

モーター開発でも活躍するスコープコーダ

 オシロスコープとデータレコーダーの機能を併せ持つ「スコープコーダ」の「DL850E」についても、モーター開発に使う場合を想定してデモを披露した。スコープコーダはモジュール式の測定器で、電圧、電流、振動、温度、回転角度、トルクといった、モーター開発に必要なモジュールを組み合わせることで、多チャンネルの測定が行える。モジュール式による拡張性の高さは、スコープコーダの特長の1つだ。

 さらにDL850Eには、有償のオプションとなるが、リアルタイムで電力を演算する専用回路を搭載できる。これによって、より総合的な評価ができるようになると横河計測は説明する。

 スコープコーダは、低ノイズという特長もある。モジュール内部は光で絶縁されている(モジュールによっては、チャンネル間でも絶縁されている)ので、高速応答性を保ったまま、正確に測定できるという。

「DL850E」を使った、モーター開発向け測定の構成例。このように、多チャンネルを同時に測定できるので、開発時間を短縮できる(クリックで拡大)
デモの様子(左)。澤村電気工業のDCブラシレスモーターを会場に設置し、実測している様子を見せていた。右は、デモ時のDL850Eの画面。さまざまなデータを同時に見ることができる(クリックで拡大)

CAN FD対応モジュールが登場

 横河計測は2018年4月18日に、スコープコーダ向けの新しいモジュールとして、CAN FD信号からアナログデータをリアルタイムで抽出、デコードできる「720242 CAN/CAN FDモニタモジュール」(以下、720242)を発表した。

 現在、車載ネットワークでは、高速通信や大容量データ転送がますます求められるようになってきており、それに伴ってCANからCAN FDへの移行が進みつつある。720242は、CANに加え、CAN FDにも対応したモジュールだ。1枚のモジュールで最大120チャンネルのCAN/CAN FD信号を同時に測定可能だ。デコード処理時間を従来の最大10分の1となる40マイクロ秒に短縮した。サンプリングレートは最高で100Kサンプル/秒。

左=「720242」(写真手前)と、デモの構成。オシロスコープ「DLM2054」(写真左)と、スコープコーダ「DL350」を使っている。720242は、DL350に挿入されている/右=デモでは、車載用モーターからのアナログ信号をエンコードしたCAN FD信号を抽出してデコードし、元のアナログ信号として表示している様子(写真赤枠内)を示した(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.