メディア
連載
» 2019年01月23日 11時30分 公開

Intelの創業7年目(1974年):DRAMが「特殊なメモリ」だった理由福田昭のデバイス通信(177) Intelの「始まり」を振り返る(10)(2/2 ページ)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

チップ単価が高くても使いやすさでSRAMを選ぶ

 ただし記憶容量当たりの単価は、SRAMがDRAMよりもはるかに高い。そして製品として入手可能な記憶容量は、DRAMが大きく、SRAMが小さい。同じ加工寸法の製造技術による記憶容量は、SRAMを「1」とするとDRAMが「4」というのが当時の通例となっていた。

 それでも小規模なシステムではメモリにSRAMを選んだ。必要とするメモリの総容量が、大規模なシステム(メインフレームなど)に比べるとはるかに小さいからだ。システムが搭載するメモリの個数が小規模なシステムでは少ない。従ってメモリを制御する回路やメモリに電源を与える回路のコストが、相対的に大きくなる。制御回路と電源回路のコスト低減を優先し、DRAMではなく、SRAMを採用した。

4KビットDRAMと1KビットSRAM、4KビットPROMが最大品種

 1974年の「年次報告書(アニュアルレポート)」から、当時のIntelにおける半導体メモリ製品の状況をもう少し具体的にご紹介しよう。

 DRAMは最大記憶容量が4Kビットの時代である。製造技術はnチャンネルMOS技術に移行した。DRAMでもアクセス時間の短い高速品は記憶容量が小さく、1Kビットにとどまっている。

 SRAMにはMOS技術のSRAMとバイポーラ技術のSRAMがある。MOS SRAMの最大記憶容量は1Kビットであり、MOS DRAMに比べて小さい。バイポーラSRAMの最大記憶容量は256ビットでさらに小さい。ただしバイポーラSRAMは、MOS SRAMに比べるとアクセス時間が短い。

 またプログラマブルROM(PROM)では、バイポーラ技術による多結晶シリコン・ヒューズ方式で記憶容量が4Kビットと当時としては最大容量の製品が、1974年に発売されている。

1974年における主な半導体メモリ製品の状況。1974年の年次報告書(アニュアルレポート)から抜粋したもの(クリックで拡大)

次回に続く)

福田昭のデバイス通信【Intelの「始まり」を振り返る】記事一覧
創業1年目 研究開発主体で売り上げは「ゼロ」
創業2年目 初めての製品売り上げを計上するも赤字は拡大
創業3年目 売り上げが前年の11倍に急増して赤字が縮小
創業4年目 半導体メモリのトップベンダーに成長
最終損益が黒字に転換
創業5年目 収入が前年の2.5倍に、初めての営業黒字を計上
腕時計メーカーになったIntel
創業6年目 クリーンルームに防塵衣がまだなかった頃
創業7年目 「シリコン・サイクル」の登場
DRAMが「特殊なメモリ」だった理由
パソコンを生み出した「8080」プロセッサが登場
「福田昭のデバイス通信」連載バックナンバー一覧はこちら
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.