メディア
連載
» 2020年08月26日 11時30分 公開

HDD大手SeagateとWDの2020会計年度業績、売り上げはいずれも約1%増に福田昭のストレージ通信(169)(2/2 ページ)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

WDの営業利益は前年の3.85倍に拡大

 ここからはWDの年度業績を説明しよう。WDの売上高は前年比1.0%増の167億3600万米ドル、営業利益(GAAPベース)は前年の3.85倍である3億3500万米ドルとなった。粗利益率(GAAPベース)は22.6%で前年と変わらない。売上高営業利益率は2%とかなり低い水準にある。前年の売上高営業利益率はさらに低く、0.5%しかなかった。

Western Digitalの会計年度別業績推移。同社の公表資料から筆者がまとめたもの(クリックで拡大)

 WDのストレージ事業は主に、NANDフラッシュメモリ応用品(フラッシュ応用品)とHDD製品で構成されている。売上高の比率はおおよそ47対53である。ただし四半期ベースでは、フラッシュ応用品の変動が大きい。

 過去3年で見ると、フラッシュ応用品の売り上げが最低だったときは15億600万米ドル(2019年6月四半期)、最高だったときは26億4200万米ドル(2017年12月四半期)で、1.75倍の開きがある。HDD製品の売り上げが最低だったときは20億4900万米ドル(2020年6月四半期)、最高だったときは27億5400万米ドル(2018年6月四半期)で、両者の開きは1.34倍と少ない。

Western Digitalのフラッシュ応用品とHDD製品の四半期売上高推移。同社の公表資料から筆者がまとめたもの(クリックで拡大)
Western Digitalのフラッシュ応用品とHDD製品の年度別売上高推移。同社の公表資料から筆者がまとめたもの(クリックで拡大)

次回に続く

⇒「福田昭のストレージ通信」連載バックナンバー一覧

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.