メディア
ニュース
» 2021年07月05日 12時09分 公開

ミネベアミツミ、群馬と岐阜に半導体設計開発拠点を新設開発要員60人の採用を計画

ミネベアミツミは2021年7月5日、新たな半導体設計開発拠点を群馬県太田市と岐阜市の2カ所に設置すると発表した。両拠点ともに2021年8月1日から業務を開始する。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 ミネベアミツミは2021年7月5日、新たな半導体設計開発拠点を群馬県太田市と岐阜市の2カ所に設置すると発表した。両拠点ともに2021年8月1日から業務を開始する。

 同社は、アナログ半導体事業をコア事業の1つとして位置付け、事業規模拡大に向けて体制の強化を継続的に実施している。今回の設計開発拠点の新設もその一環。アナログ半導体製品の開発能力強化に加え、ロジック/CPU制御技術とアナログ技術を融合したインテリジェントなモータードライバーICの開発強化を目的に新設する。

 同社グループの国内半導体設計開発拠点は、従来のミツミ電機厚木事業所(神奈川県厚木市)、ミツミ電機千歳事業所(北海道千歳市)、エイブリック高塚事業所(千葉県松戸市)に加え、両拠点の新設により計5拠点になる。2拠点の新設に伴い、合わせて約60人の半導体技術開発要員を採用するとしている。

 新設する半導体設計開発拠点の概要は次の通り。

群馬の拠点概要
名称 半導体開発センター 群馬事務所
所在地 群馬県太田市飯田町1053 グランディ太田ビル(予定)
業務開始日 2021年8月1日
主な業務内容 モータードライバーICを中心としたアナログ半導体及びミックスドシグナル半導体(CPUコア搭載)の設計/開発

岐阜の拠点概要
名称 半導体開発センター 岐阜事務所
所在地 岐阜県岐阜市橋本町2-20 濃飛ビル(予定)
業務開始日 2021年8月1日
主な業務内容 モータードライバーICを中心としたミックスドシグナル半導体(CPUコア搭載)の設計/開発

 なお、ミネベアミツミは2021年6月30日に、オムロンのMEMS開発機能および8インチウエハー対応半導体前工程工場(滋賀県野洲市)を同年10月1日付で譲受することでオムロンと契約を締結したと発表している(関連記事:ミネベアミツミ、オムロン8インチ半導体工場/MEMS開発機能を取得へ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.