メディア
ニュース
» 2021年07月20日 10時10分 公開

GFがニューヨーク州に新工場建設へIntelによる買収報道もあるが

GLOBALFOUNDRIES(GF)は2021年7月19日(米国時間)、ニューヨーク州マルタのキャンパス内に、工場を新設すると発表した。今後数年間に及ぶ生産能力の拡張計画の一環で、工場新設と、本社のある既存工場「Fab 8」への投資が含まれる。新工場が完成すると、マルタの工場の敷地面積は2倍になる予定だ。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 GLOBALFOUNDRIES(GF)は2021年7月19日(米国時間)、ニューヨーク州マルタのキャンパス内に、工場を新設すると発表した。今後数年間に及ぶ生産能力の拡張計画の一環で、工場新設と、本社のある既存工場「Fab 8」への投資が含まれる。新工場が完成すると、マルタの工場の敷地面積は2倍になる予定だ。

米ニューヨーク州マルタの「Fab 8」。このキャンパスに新工場を建設する 画像:GLOBALFOUNDRIES(クリックで拡大)

 まずは10億米ドルを投じてFab 8の生産能力を拡張する。具体的には、年間15万枚ウエハーの生産能力を追加する。その後、新しい工場を建設し、同地域に1000人のハイテク関連の直接雇用および、建設業を含む数千人の間接雇用を生み出すとしている。同社は、この新工場設立に関して、顧客や連邦政府、州政府から投資を得るという、PPP(Public Private Partnership/官民連携)によって資金を得る予定だ。

 新工場では、自動車、5G(第5世代移動通信)、IoT(モノのインターネット)などの成長市場で必要とされる、高い信頼性と豊富な機能を持つチップを製造する予定だ。ただし、稼働開始時期、導入する半導体製造プロセスなどについては明らかにしていない。

 同社は2021年6月に、シンガポール工場の敷地内に新たな300mmウエハー工場を建設すると発表したばかりである。この際、米国とドイツの工場も拡張する予定だと発表したが、今回の新工場建設とFab 8拡張計画は、その一環だと考えられる。なお、ドイツの工場拡張にも10億米ドルを投資する。

 一方で同年7月15日には、米Wall Street Journalが、IntelがGLOBALFOUNDRIESを約300億米ドルで買収する交渉を進めていると報じた。GLOBALFOUNDRIESを所有するアブダビの政府系ファンド、Mubadala Investment(ムバダラ・インベストメント)はGLOBALFOUNDRIESのIPO(新規株式公開)を目指すともいわれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.