メディア
連載
» 2022年06月20日 11時30分 公開

ワイヤレス受電用端末の試作に向けたアンテナの設計作業福田昭のデバイス通信(368) imecが語るワイヤレス電力伝送技術(22)(2/2 ページ)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

電流は給電フィード近傍に集中

 ループアンテナの電流密度と入力インピーダンスを解析した。周波数は868MHzである。電流は給電フィードの近くに集中していた。入力インピーダンスは周波数に依存する。周波数が高まるとインピーダンスは急速に増加していく。

プリント配線基板に形成したループアンテナの電磁界解析。周波数は868MHz。電流密度、入力インピーダンスの周波数依存性、利得、放射パターン[クリックで拡大] 出所:imecおよびEindhoven University of Technology(IEDMショートコースの講演「Practical Implementation of Wireless Power Transfer」のスライドから)

 プリント配線基板にループアンテナとインピーダンス整合回路、整流回路、DCコンバーター回路などを載せたワイヤレス受電端末を試作した。この端末を応用した実験については次回に述べたい。

試作したワイヤレス電力伝送システムの受電端末[クリックで拡大] 出所:imecおよびEindhoven University of Technology(IEDMショートコースの講演「Practical Implementation of Wireless Power Transfer」のスライドから)

(次回に続く)

⇒「福田昭のデバイス通信」連載バックナンバー一覧

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.