メディア
ニュース
» 2022年06月21日 18時00分 公開

Infineon、宇宙向けのFRAMを発表放射線耐性にも自信

電力は宇宙では貴重だ。FRAM(強誘電体メモリ)が地球から離れたところで使用されるアプリケーションにとって理想的なメモリであるのもそのためである。オペレーションの間だけではなく、デバイスがプログラミングされる際にもエネルギー消費が重要となる。そのことは、Infineon Technologies(以下、Infineon)の最新の極限環境向けシリアルインタフェース対応FRAMの主な特長でもある。

[Gary Hilson,EE Times]

 電力は宇宙では貴重だ。FRAM(強誘電体メモリ)が地球から離れたところで使用されるアプリケーションにとって理想的なメモリであるのもそのためである。オペレーションの間だけではなく、デバイスがプログラミングされる際にもエネルギー消費が重要となる。そのことは、Infineon Technologies(以下、Infineon)の最新の極限環境向けシリアルインタフェース対応FRAMの主な特長でもある。

Infineonが発表したFRAM 出所:Infineon Technologies

 電力以外では、放射線照射も宇宙に送られるメモリデバイスに対するもう一つの主な懸案となる。Infineonは、自社のQML-V認証FRAMが「宇宙産業初」(同社)の放射線耐性を強化した製品(Rad-Hard製品)であると主張する。

 Infineonの航空宇宙・防衛部門バイスプレジデント兼フェローであるHelmut Puchner氏は、米国EE Timesとのインタビューの中で、同社の最新のRad-Hard FRAMデバイスについて、「卓越した書き込み能力を備えており、必要とする電力は、宇宙アプリケーション向けの他の選択肢(EEPROMやシリアルNOR型フラッシュメモリなど)よりも少ない」と述べた。また、少ないコンポーネントでも性能を高められる上に、信頼性の面でも妥協することのないシステムデザインをサポートするという。

 Infineonの新しいFRAMはSPI(Serial Peripheral Interface)を備え、記憶容量は2Mバイト。耐久性が非常に高く、宇宙アプリケーションにおいて100年以上データを保持できるという。Puchner氏によると、読み書きサイクルは10兆回で、85℃におけるデータ保持期間は120年、動作電圧は2.0〜3.6V。

 同FRAMのデータ保持特性は、宇宙用アプリケーションにとって好ましい。こうした特性には、ミッションクリティカルなデータのデータロギング、テレメトリーストレージ、コマンドや制御キャリブレーション向けのデータストレージが含まれる。Puchner氏は、「衛星の寿命は25年に及ぶ可能性もある」と述べる。そのため、摩耗や電力消費が少なく、かつ頻繁なアップデートも可能である必要がある。

 商業宇宙船の打ち上げが増えるのに伴い、宇宙で利用されるメモリの市場は成長しつつある。それでも、Puchner氏によれば、メモリ売上高全体に占める割合はいまだに比較的小さいという。

 FRAMは、数十年前から存在している新しい不揮発メモリの一つだ。低消費電力であることから、関心は高い。FRAMが備える本質的な堅ろう性は、過酷な環境下でも確実な動作を重視する宇宙用途でも重要視されている。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.