メディア
EdgeTech+ 2023 特集
ニュース
» 2023年11月22日 13時30分 公開

金属に近接しても感度が低下しないアンテナ通信距離は従来品の約3倍に

スタッフは「EdgeTech+ 2023」にて、金属製の筐体に設置しても性能が低下しないアンテナ「メタシンクアンテナ」を展示した。筐体の金属との間にループアンテナを形成することで電波の放射効率を高め、感度低下の問題を解決できる。

[浅井涼EE Times Japan]

 アンテナや機構部品の設計/製造を手掛けるスタッフは、「EdgeTech+ 2023」(2023年11月15〜17日、パシフィコ横浜)にて、金属製の筐体に設置しても性能が低下しないアンテナ「メタシンクアンテナ」を展示した。

「メタシンクアンテナ」サンプル品 「メタシンクアンテナ」サンプル品[クリックで拡大]

 通常のアンテナは金属に近接すると感度が低下する。そのため、距離を大きくとって取り付けるなどの対策が必要で、ケーブルなどの付属品を別途取り付けるコストや使い勝手の悪さが課題となっていた。

 また、「一部のアンテナは金属に対応しているが、金属専用の設計なのでそれ以外の筐体では性能を発揮できず、転用することができない」(説明担当者)という。

筐体との間にループアンテナを形成

 メタシンクアンテナはこうした課題から開発されたものだ。筐体の金属との間にループアンテナを形成することで電波の放射効率を高めるため、感度低下の問題を解決でき、消費電力も抑えられる。

 「スタッフでは既存のモノポールアンテナとメタシンクアンテナの感度を比較した。絶縁体に取り付けた際の感度は同程度だった。一方で、金属に取り付けるとモノポールアンテナは感度が大きく低下したが、メタシンクアンテナはむしろ感度が向上した。通信距離には約3倍の差がついた」(説明担当者)

 メタシンクアンテナは金属以外にも取り付けが可能で、例えば人体に近接しても使用できるという。

 用途としては、コンテナや輸送機械、建設機械、足場など、これまでアンテナの取り付けにハードルがあった金属製のものへの取り付けを想定する。また、金属以外にも取り付けられることから、大型の工場や倉庫で従業員に持たせて位置確認などにも利用できるという。

 メタシンクアンテナは「EdgeTech+ AWARD 2023」にて、Edge Technology優秀賞を受賞している。選評によると「労働力不足や高齢化、物流の2024年問題、インフラの老朽化など日本社会が抱える諸問題に対して無線技術は有用であり、その適用範囲を広げる時宜にかなった提案である」として評価された。

 スタッフは今後、顧客が使用する部品などに合わせ、メタシンクアンテナをカスタム品として販売していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.