メディア
ニュース
» 2014年06月09日 11時27分 公開

タブレットに注力するインテル、14nmプロセスの「Core M」も年内に出荷開始かCOMPUTEX TAIPEI 2014(2/2 ページ)

[Kevin Krewell,EE Times]
前のページへ 1|2       

タブレットに注力するインテル

 ブロードバンド市場からの脱却を図っているBroadcomのような企業もあるが、Intelは引き続きLTE事業や、ローエンドAndroid端末向けのSoCプラットフォーム「SoFIA」に投資を行っている。Intelは、クアッドコアAtomとLTEモデムを統合したSoFIAを、2015年前半に出荷する見込みだ。さらにASUSは、同チップを採用する設計を発表している。

 Intelは2014年6月、中国のRockchip(Fuzhou Rockchip Electronics)と、タブレット端末事業で提携することで合意したと発表した。クアッドコアAtom+3GモデムのSoFIAを、2015年前半に市場に投入するとしている(関連記事:インテルとRockchipが提携へ、低価格タブレット向けSoC「SoFIA」を提供)。SoFIAは、Intelの工場ではなくTSMCの工場で生産される。

タブレットはカスタマイズが鍵に

 台湾のPCメーカーは、タブレット端末の開発では後れを取っている。Appleやサムスン電子が、Foxconnのような大手EMS(電子機器の受託製造サービス)と契約し、大きなシェアを占めているからだ。一方でローエンドのタブレット端末市場は、中国 深センのような都市にひしめく中小企業がシェアを握っている。

 基調講演にはFoxconnでタブレット端末などの開発を統括するYoung Liu氏も登壇し、「小型のタブレット端末は、カスタマイズが必要になる。当社の製造統合によって、タブレット端末のカスタム品でも5カ月で製造できる」と強調した。タブレット端末市場が飽和し始めているといわれるが、細分化が進んでいる状態だ。万能なタブレット端末はなく、消費者のニーズに合わせたカスタマイズが重要になっている。

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

訂正とお詫び

当初掲載した編集内容に、一部誤解を招く表現がございました。お詫びして、訂正致します。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.