メディア
特集
» 2015年01月06日 12時00分 公開

ウェアラブルに4K、ロボティクス――2015 CESの注目分野を予測2015 CES(3/3 ページ)

[Jessica LipskyEE Times]
前のページへ 1|2|3       

ロボティクスにも注目

 Bajarin氏は、ホームオートメーション向けロボティクス技術が、CESの目玉になるとみている。

 Doherty氏は、「洗濯機/乾燥機、冷蔵庫など省電力の家電に期待している」と話す。これらの省エネ家電は、初期費用は高くても、長い目で見れば、電気代の節約に大いに役立つはずだ。

photo ホームオートメーションを構成する洗濯機や掃除機なども展示される

ウェアラブル機器

 Samsung Electronics、Motorola Mobility、LG Electronics、Appleは、いずれも2014年にスマートウオッチを発表した。CESでスマートウオッチが大きく取り上げられても何ら不思議はない。2014年のCESでは、手首に装着するフィットネス向けのウェアラブル機器が多かったが、Bajarin氏は、今回は新しいスマートウオッチのアプリや用途が出てくるとみられている。

 Doherty氏は、何千米ドルもしない安価なDIY(Do It Yourself)のバーチャルリアリティキットの登場に期待している。用途の一例として、ホームエンターテインメントが挙げられる。

photo ウェアラブル機器の展示会で、ソニーのスマートグラスを試す来場者

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.