メディア
インタビュー
» 2015年10月01日 09時30分 公開

CPS/IoTが描く未来――主催者が語るCEATEC 2015CEATEC 2015開催直前情報(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

コンベンションを活用して効率よく情報収集

EETJ 展示会の内容などに変化は見られますか。

菊嶋氏 最新のハードウェアやソフトウェアなど製品単体の展示に加えて、IoTを意識したシステム展示に変わりつつあるようだ。利用シーンを考慮した技術訴求が目立ってきた。部品/制御機器メーカーによるロボット展示もその一例だ。自社の最新センサー技術や制御技術など高度な要素技術を、わかりやすく来場者にアピールするための工夫が増えている。前回出展し注目を集めたロボットシステムで、さらに進化したシステムが今年も展示されるという情報も聞いている。

 出展企業という観点からは、中国企業を始め海外企業の出展数が増加している。中国のドローンメーカーなども初出展する。日本市場を有力なビジネス拠点にしたいという意識が高まっていることは確かだ。東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、社会インフラの整備や生活スタイルの変化が急ピッチで進むことが予想されていることもその一因となっているようだ。

CEATEC JAPAN運営事務局の統括マネージャを務める菊嶋隆史氏

EETJ 集客や来場者に対する取り組みはいかがでしょうか

菊嶋氏 CEATECは展示会や講演会に限らず、人材育成や技術者交流などに関するイベントも用意しており、幅広い内容となっていることが特長の1つでもある。こうしたイベントに効率よく参加して、ビジネス効果を高めてもらえるよう、いくつかのコンベンションを設けた。その1つが企業の経営幹部に向けた「エグゼクティブコンベンション」である。開幕初日の10月7日に設定している。講演会などでは経営層に必要と思われるプログラムを用意した。

 技術者向けの「テクノロジコンベンション」は、10月8〜9日に開催する。今回のテーマでもあるCPS/IoTやモビリティ、ウェアラブルなどに関する最新技術動向を、効率よく情報収集することができる。最終日となる10月10日は、学生や次世代技術者を対象とした「ネクストジェネレーションコンベンション」を用意した。宇宙ロボットコンテストなどの企画も新たに追加した。

講演もキーワードは「CPS/IoT」

EETJ 基調講演などコンファレンスプログラムの内容はいかがでしょう。

菊嶋氏 基調講演では、業界トップがCPS/IoT時代のビジネスシーンや生活シーンの展望、期待について、それぞれの立場からメッセージを発信する。ゲストスピーチとしては、2件の注目講演を予定している。国内外から注目を集める2020年開催の「東京オリンピック・パラリンピック」をテーマにした講演と、夢や未来につながる「宇宙」をテーマにした講演である。これ以外の講演でも、CPS/IoTというキーワードが、あちらこちらにちりばめられている。

EETJ CEATECは今後、どのように進化していきますか

菊嶋氏 今やCEATECは、電子部品や電子機器メーカーだけの展示会ではなく、サービス企業なども参加する幅の広いイベントとなっている。そうした中で今回は、「CPS/IoT」をテーマにしたイベントへと舵を切った。次年度以降もその傾向はより強く、熱くなってくるだろう。そのためには、他業種も含めた新たなパートナーとのタイアップ、新しい発想を持つベンチャー企業との連携がますます重要となる。その結果として、来場者が未来の社会を感じ取れるイベントを目指していきたい。

CEATEC JAPAN 2015(CEATEC 2015)

CEATEC JAPAN 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

IoT | CEATEC | 展示会 | イノベーション


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.