メディア
特集
» 2015年10月16日 14時45分 公開

歩行者に優しい横断歩道、スマホのWi-Fi利用でルネサス DevCon 2015(3/3 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

アナログ・パワー分野

 アナログ・パワー関連の製品では、OIS(光学式手振れ補正)向けの技術などを展示した。カメラのモーターを動かし、レンズを振動させることで、手振れによる振動を相殺するというもの。ルネサスのマイコン「RL78」を内蔵したアナログICが使われていて、“デジタルとアナログの融合”をうたっている。「ソフトウェアでも手振れを補正することはできるが、カメラ自体のモーターを動かして相殺する方が、よりきれいに補正できる」(ルネサス)。

右側が、レンズそのものを振動させて手振れによる振動を相殺したもの。ソフトウェアによる手振れ補正を行っている左側に比べて、ぶれが少ない

 また、インバータ向けに、IGBTとダイオードをワイヤーを使わずに1パッケージに収めたモジュールの試作品を展示した。定格は600V/200A。小型化できることが特長で、200kWクラスの従来のインバータに比べると、サイズを約5分の1にできるという。現在はサンプル出荷の準備をしている段階で、量産は早くて2016年になるとしている。

photophoto 左=モジュールの試作品。ワイヤーを使っていない / 右=モジュールを4個搭載したインバータを3つ並べた(赤枠内)デモ基盤(クリックで拡大)

何の展示……!?

photo 「おや、これはどの製品のデモだっけ?」と思って近づくと……


photo チョコレートチップを搭載したカップケーキが多数展示されていた(※筆者は、ビールは我慢しましたが、これはいただきました。念のため)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.