メディア
ニュース
» 2021年08月05日 15時30分 公開

5GやWi-Fi 6に対応するタブレット向け6nm SoC「Kompanio 1300T」

台湾MediaTekは2021年7月27日、タブレット向けSoC(System on Chip)「Kompanio 1300T」を発表した。TSMCの6nmプロセスで製造される。Kompanio 1300Tを用いることで、オンライン学習やビジネス、ストリーミングサービス、ゲーミング、機械学習をはじめとするAI(人工知能)アプリケーションなど幅広い用途に向けた、軽量のタブレットを開発できるとする。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 台湾MediaTekは2021年7月27日、タブレット向けSoC(System on Chip)「Kompanio 1300T」を発表した。TSMCの6nmプロセスで製造される。Kompanio 1300Tを用いることで、オンライン学習やビジネス、ストリーミングサービス、ゲーミング、機械学習をはじめとするAI(人工知能)アプリケーションなど幅広い用途に向けた、軽量のタブレットを開発できるとする。

 Kompanio 1300Tは、高性能の「Arm Cortex-A78」コアと、電力効率が高い「Arm Cortex-A55」コアを登載したオクタコアの製品。9コアの「Atm Mali-G77 MC9」GPUも搭載している。同時のAPU(AI処理ユニット)を内蔵し、音声、画像、動画アプリケーションに対して、高速かつ電力効率に優れたAI処理性能を提供できるとする。

 サブ6GHz帯を利用する5G(第5世代移動通信)をサポートし、2CC CA(2 Component Carrier Carrier Aggregation)、デュアル5G SIMにも対応する。さらに、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2もサポートする。

 108メガピクセルカメラに対応し、4K/60fps(フレーム/秒)のビデオエンコーディング/デコーディングをサポート。HDR10+のビデオの再生をサポートする。

 ゲーム向け技術である独自のエンジン「HyperEngine 3.0」を備えているので、ネットワークやコントロール、性能、電力効率、映像品質をゲーミング向けに最適化できる。

 MediaTekのインテリジェントマルチメディアビジネス ユニット担当ジェネラル マネジャーを務めるPC Tseng氏は、プレスリリースで、「現在、テレワークとマルチメディアエンターテインメントの両方に適応するパーソナルなコンピューティングデバイスへの需要が高まっている。当社は、コンピューティング、通信、マルチメディア、AI、ゲーミング、無線接続における最新の技術をKompanioシリーズに統合することにフォーカスしてきた」と述べている。

 Kompanio 1300Tを登載したタブレットは、2021年第3四半期に市場に投入される予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.