メディア
ニュース
» 2021年11月08日 09時30分 公開

「ROHM Solution Simulator」に熱解析機能を追加オンラインで電気と熱を連成解析

ロームは、パワー半導体と駆動用ICなどを一括して動作検証できる無償のWebシミュレーションツール「ROHM Solution Simulator」に、熱解析機能を追加し、同社公式Webサイト上で公開した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

24時間要していた熱解析シミュレーションを10分以内に短縮

 ロームは2021年11月、パワー半導体と駆動用ICなどを一括して動作検証できる無償のWebシミュレーションツール「ROHM Solution Simulator」に、熱解析機能を追加し、同社公式Webサイト上で公開した。

 2020年にリリースされた「ROHM Solution Simulator」は、同社公式Webサイト上で動作する電子回路シミュレーションツール。ロームが提供するSiC(炭化ケイ素)デバイスなどのパワー半導体や駆動用IC、電源ICおよび、シャント抵抗器などの受動部品を、実環境に近いソリューション回路で、動作検証することができる。

 しかも、シーメンスEDA製シミュレーションプラットフォーム「PartQuest」を採用して開発されているため、PartQuestユーザーは、「ROHM Solution Simulator」で実行したシミュレーションデータを、自身のPartQuest環境に組み込んで検証することも可能である。

 新たに追加した熱解析機能は、IGBTとシャント抵抗器を搭載したPTC Heater(内燃機関を持たない電気自動車専用ヒーター)や、DC-DCコンバーターIC、LEDドライバーICなど、発熱が課題となるソリューション回路に実装。実基板から算出した放熱に関するパラメーターを熱流体解析ツールで3Dモデル化し、電気回路シミュレーターで熱解析できるよう1Dモデルに低次元化して、電気と熱を連成解析することで実現した。

 このため、アプリケーション動作時に変化する半導体チップ温度(ジャンクション温度)はもちろん、端子温度や基板上にある部品の熱干渉に対し、これまで24時間要していた熱解析シミュレーションを、10分以内で行うことが可能になるという。

ROHM Solution SimulatorによるPTC Heaterの熱解析例[クリックで拡大] 出所:ローム

 ROHM Solution Simulatorは、同社公式Webサイト上のROHM Solution Simulatorページでユーザー登録すれば利用できる。ツールを使用するためのドキュメントや動画も公開している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.