メディア
コラム
» 2021年12月06日 12時00分 公開

WSTSの半導体市場規模最新予測を前回予測と比較してみた電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記

WSTS(世界半導体統計機関)は2021年秋季半導体市場予測を発表しました。そこで、今回予測と前回、6月公表の予測を見比べてみました。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 この記事は、2021年12月6日発行の「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」に掲載されたEE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。

※この記事は、「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」をお申し込みになると無料で閲覧できます。


WSTSの半導体市場規模最新予測を前回予測と比較してみた

 先週の11月30日、WSTS(世界半導体統計機関)は2021年秋季半導体市場予測を発表しました。

▼2022年の世界半導体市場規模は6000億米ドル超へ

 WSTSは、世界の半導体メーカー45社が加盟する半導体市場に関する世界的統計機関で毎年、春と秋の2回、各社が予測を持ち寄って検討する会議を開き、その結果を予測値として発表しています。ただ、昨今は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)拡大の影響で、予測会議を開くことができず、各社が提出した予測の平均値をベースにしてWSTSの予測値として、公表しています。

 このようにWSTSの市場予測は年2回発表されます。そのため、春と秋(または、秋と春)の予測値を比較することで、半導体メーカー各社の春時点の見込みと秋時点の見込みのギャップを垣間見ることができ、半導体市場のトレンドを探る1つの手掛かりになるわけです。

 11月30日に発表された今回の世界半導体市場規模予測値は、2021年が5530億米ドル、2022年が6015億米ドルで、2021年6月公表の前回予測値からそれぞれ5%上方修正されました。

  • 2021年:前回5272億米ドル⇒今回5530億米ドル/修正率+5%(+257億ドル)
  • 2022年:前回5734億米ドル⇒今回6015億米ドル/修正率+5%(+281億ドル)

 半導体需給のひっ迫が長引いていることから、上方修正されることが予想されました。ただ個人的には来年、2022年の予想値の上方修正幅は2021年の上方修正幅を下回り、もしかすると下方修正もあり得るかもと考えていました。ですが2021年予想とほぼ同じ上方修正幅であり、半導体メーカー各社は春時点よりも2022年を強気に見ているという結果になりました。多くの半導体メーカーは現状の半導体需要が2022年もある程度継続すると見ているわけです。

 WSTSでは製品別の市場規模予測も公表しており、製品別でも今回予測と前回予測を見比べてみました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.