メディア
ニュース
» 2022年03月25日 13時30分 公開

112Gbps対応内装ケーブル用コネクターを共同開発山一電機と日本航空電子工業

山一電機と日本航空電子工業は、112Gビット/秒 PAM4(4値パルス振幅変調)対応の内装ケーブル用コネクターを共同で開発した。2022年度上期にもサンプル出荷を始める予定。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

PAM4を用いた112Gビット/秒データ伝送を安定的に行う

 山一電機と日本航空電子工業は2022年3月、112Gビット/秒 PAM4(4値パルス振幅変調)対応の内装ケーブル用コネクターを共同で開発したと発表した。2022年度上期にもサンプル出荷を始める予定。

開発した内装ケーブル用コネクターの接続例 出所:山一電機、日本航空電子工業

 両社は、次世代伝送規格で採用されている変調技術「PAM4」を用いた112Gビット/秒のデータ伝送を、安定的に行うことができるケーブル接続コネクターの開発を進めてきた。

 開発したコネクターは、ルーターやスイッチ、サーバなど実装密度が高い機器内でも、容易に利用できる形状を実現している。インタフェースコネクターとのケーブル接続や、HOSTコネクター同士の接続といった用途に向ける。

112Gbps PAM4伝送のアイパターン 出所:山一電機、日本航空電子工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.