メディア
ニュース
» 2022年06月20日 16時45分 公開

TDK、中国のEV向け二次電池大手と合弁会社を設立中型二次電池の事業強化図る

TDKは2022年6月20日、二次電池事業を手掛ける同社子会社と中国の車載用二次電池大手「Contemporary Amperex Technology Co., Limited」(中国福建省、以下、CATL)との間で、家庭用蓄電システムや電動二輪車、その他産業用途に適した中型二次電池の開発、製造、販売に特化した合弁会社2社を設立したと発表した。

[永山準,EE Times Japan]

 TDKは2022年6月20日、二次電池事業を手掛ける同社子会社と中国の車載用二次電池大手「Contemporary Amperex Technology Co., Limited」(中国福建省、以下、CATL)との間で、家庭用蓄電システムや電動二輪車、その他産業用途に適した中型二次電池の開発、製造、販売に特化した合弁会社2社を設立したと発表した。

 磁性素材技術を強みとした電子部品事業を中核事業とするTDKだが、近年、世界的に再生可能エネルギーへの移行やエネルギー高効率化が求められる中、同社子会社「Amperex Technology Limited(中国香港特別行政区、以下、ATL)」においてスマートフォンやタブレット端末、ノートPCなど向けの小型二次電池事業を強化。2021年4月に、今後のグローバル市場での成長に向け、「家庭用蓄電システムや電動二輪車、その他産業用途に適した中型二次電池の事業強化が必要と判断し、電気自動車(EV)向けの二次電池で世界最大手のCATLとATLとのクロスライセンス締結ならびに合弁会社設立を伴う業務提携を締結する」と発表した。

 合弁会社は、二次電池セルの開発、製造、販売事業を行う「Xiamen Ampcore Technology Limited」(中国福建省厦門市)と二次電池パックの開発、製造、販売を手掛ける「Xiamen Ampack Technology Limited」(同)の2社で、それぞれ2022年6月13日、同月14日に設立した。Xiamen Ampcore Technology Limitedの資本金は50億人民元(約772億円)で出資比率はATLが30%、CATLが70%。Xiamen Ampack Technology Limitedの資本金は10億人民元(約154億円)で、出資比率はATLが70%、CATLが30%だ。

 また、合弁会社の持株会社となる子会社「Xiamen Ampeak Technology Limited」(中国福建省厦門市)も2022年6月8日に設立。同社は、ATLが100%出資するTDKの完全子会社となる。

 なお、TDKはEV向けの電子部品やDC-DCコンバーター、車載用充電器などの車載用電源製品の事業強化も進めており、「今後、CATLの二次電池を含む車載用のパワーユニットで当社が得意とするこれらの車載用電子部品や電源製品を提供するなど、CATLとの戦略的な協業関係の構築も進めていく」としている。

【お詫びと訂正】掲載当初、業務提携締結の発表時期を「2022年4月」としておりましたが、正しくは「2021年4月」でした。お詫びして訂正いたします。(2022年6月20日17時48分/編集部)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.